29, 2014
【アニメは鉄腕アトムの時代から二次創作だ】

必ずしも漫画原作に忠実ではなく、各回ごとに脚本家・演出家の個性が出る。頭角を現した者が、長編の責任者を任される。思えば、アニメ以前に実写ドラマも、黄門漫遊記や大岡政談の存在を前提に、脚本家・演出家が才能を発揮してきた舞台だった。テレビの前には映画がある。『バグダッドの盗賊』は、『忠臣蔵』は、何回リメイクされたのか。映像関係の制作者は、昔から二次創作で腕を鍛えてきた。だから少しでも映像文化に興味のあ...

【アニメは鉄腕アトムの時代から二次創作だ】

 29, 2014   -

 30, 2014
【最近のアニメが気に入らない人は小説を書くといい】

そもそもSF小説があって、それが映画化された。小学生は長い小説を読みこなすことができないし、一人で映画館へ行けない。淀川さんは特異な例で、多くは「こづかいが足りない」と思えば諦めるし、第一、2時間もの間、じっと座ってること自体が苦手だ。だから、大人が小説を読み、外国映画を見てきて、内容をかみくだき、子供が10分くらいで読みこなすことのできる作品として、描きなおす。これが漫画の役割で、藤子不二雄は第一...

【最近のアニメが気に入らない人は小説を書くといい】

 30, 2014   -

 03, 2014
【アニメファンの分母】

判官びいきという言葉がある。あるいは、葵上に取りついた六条の御息所は、悪い女だったのか。あのような人々のためにこそ、我々現代人は祈りをささげ、成仏させてやるべきではあるまいか。この国には、少なくとも600年前から、そのような問いかけがある。自分は悪くないのに追い詰められてしまった悲劇のヒーローは、無声時代のチャンバラ映画にも登場した。1970年代に流行したテレビドラマは「正義のために悪者を暗殺することは...

【アニメファンの分母】

 03, 2014   -

 10, 2014
2040年にはアニオタも終わるだろうか。

出産適齢期女性人口がいなくなって、世代交代が不可能になり、消滅する市町村多数だそうだ。アニメグッズの売上も減るだろう。今でも、じつは言うほど売れていない。都市部の比較的若い世代とネットの中が騒がしいだけで、地方人士は見向きもしない。そもそもアニメの放映ができなくなる。子供がいなくなるんだから、玩具が売れることを前提に連続アニメ作品を制作し、テレビ放映するビジネスモデルが成り立たなくなる。その頃には...

2040年にはアニオタも終わるだろうか。

 10, 2014   -

 11, 2014
押井さんの嘆きは微妙だと思う。

すでに古い話題になってしまったが、どうも気になるので書いてみる。かつて、文芸調の映画と、ピンク映画は両立していたはずだ。今でも社会派作品と、「ひたすらAVアイドルが映るだけ」というDVDは両立しているだろう。映画館へ行くか、盤を買うしかなかった頃に比べれば、いずれもオンラインに押されて苦しいかもしれないけども。アニメだって、文芸調・ファミリー向け・アート系など、意欲的な作品には事欠かない。逆に、デ...

押井さんの嘆きは微妙だと思う。

 11, 2014   -

 14, 2014
よーでるよーでるよーでるよーでる

……って曲が流れると男児が踊り出します。地元の夏祭りで目撃しました。そのうち幼稚園などのお遊戯で定番化するかもしれません。女児は以前からモー娘やAKBの曲に合わせて踊っていたけど、男児が踊りたがる曲は少なかったので貴重です。思えば「ハルヒダンス」の低年齢化だけど、子供たちは自分の金を持ってない。子供に人気ということは、その保護者が「これなら買ってあげる」と判断したってことで、ニンテンドー、ディズニー...

よーでるよーでるよーでるよーでる

 14, 2014   -

 14, 2014
【漫画は作家の自己表現とは見なされていないような気がする】

昔の少女向け作品は、男性作家によって描かれた。彼らがトランス女性だったのではないかと心配する人は、あんまりいない。プロの仕事として、自分自身のナルシシズムを度外視して、子供の喜ぶものを与えて「やっている」という意識がある。でも、実際には、自分の好きなものを描いていたはずだ。竹久夢二は、もう明らかに若い女性が好きだったし、手塚治虫は宝塚が好きだった。アニメ放映とタイアップした玩具というのは、児童心理...

【漫画は作家の自己表現とは見なされていないような気がする】

 14, 2014   -

 16, 2014
【粘土層はアニメのためには動いてくれるだろうか】

50歳代を「粘土層」って言うそうだ。企業トップや政治家が、女性の重役登用・そのための仕事のシェアなどを推奨しても協力せず、まったく動かないから。なお、「女性の活用」って言い方は「性処理に利用」ってのと似ていてアレなので、せめて登用っていうか、すなおに「雇用」って言えばいいと思う。で、粘土。団塊のちょうど10年後に生まれた人々で、1980年頃に成人した。80年代は女の時代だったのではないのか?むしろ、女性の自...

【粘土層はアニメのためには動いてくれるだろうか】

 16, 2014   -

 16, 2014
【各社ともアニメの販促効果に期待しないほうがいいです】

売れ残ってます。果ては安く売られてます。おそらく都心部で独身として働く、比較的若い人々(の一部)に瞬間的な人気があって、ネットの中が騒がしいだけで、地方人士は見向きもしません。とくに配偶者のために酒類や男性用化粧品の備品を購入する「リア充女性」は、いわゆる萌え系アニメには全く訴求力を感じていないと思っておいたほうがいいでしょう。どうしてもこだわりたければ、アンテナショップのようなところで限定販売な...

【各社ともアニメの販促効果に期待しないほうがいいです】

 16, 2014   -

 19, 2014
【リア充はリアル志向】

じつは非婚率というのは、そんなに高くない。東京の出生率が低すぎるだけで、多くの地方人士は家庭持ちだ。自分の子供が生まれたり、お受験に挑戦したり、部活に励んだり、就職で悩んだりしていて、その応援に傾注したり、一喜一憂したりすることに生きがいを感じているとき、「他人が描いた偽物の子供」は、あんまり魅力がない。そのように思うのが、リア充ってものだ。アニメの黎明期からそうだった。今もあんまり変わっていない...

【リア充はリアル志向】

 19, 2014   -