記事一覧

見もせぬ人や花の友、見もせぬ人や花の友。

雲を集める不二の山の麓の春は光に満ちて、高い梢にこぶしと桃が、低い地際には水仙が咲いております。この国は人心を和らげる美を備えております。災害も多いですけれども、海があるから悪い、山があるから悪いという人もあまりおりません。日々を生きる人心は偏狭で、恨みがましく、詮索好きです。噂を立てられることは義経でさえ恐れました。が、花が咲けば、見もせぬ人(今まで会ったことのない人)も友となるのです。花も咲か...

Read more

東大生が官僚になるのは当たり前です。

映画に高級官僚が出ていたので思ったこと。あなたは、気が優しくて力持ちで、立派な一家の大黒柱だけれども、学問のない者に国政の手伝いをまかせて、数字を間違えたり、外国語が読めなくて大事な連絡を放置したり、国際会議で参加者が真っ青になるような無礼なスピーチ原稿を用意したり、という不祥事続きにしたいですか?最高の学問を得た者に官僚をやらせるのは当たり前です。そのために先行投資しているのです。全国から集めた...

Read more

記者は自分の甘えの心を報道しないように気をつけましょう。(3題)

1.男児に女児用スクール水着を着せる必要はありません。夏が来れば思い出すわけでございまして、もう数年も前のことになりますが、男児の胸を他人に見られることをいやがる母親がいることを伝えたウェブ記事がありました。末尾に記者の感想として「だからといって男児に女児用スクール水着を着せるのはいかがなものか」と付け加えてありました。ご本人はジョークを云ったつもりです。でも、男児に女児用スクール水着を着せる必要は...

Read more

日本は東京ではありません。

東京都では、子どもの遊ぶ声を騒音として認定することにして、保育園などが完全防音の対策を進めているそうです。その話を聞くと「日本おかしいよーー!」って云っちゃう人もあることです。東京と日本はイコールではありません。東京がおかしいだけです。いやなら東京に住むことをやめればいいです。一極集中が緩和されます。...

Read more

一番若かった兵隊さんは85歳。

大東亜戦争または太平洋戦争の頃にいちばん若かった兵隊さんは、1945年8月に14歳で海兵団に志願入隊した人。1931年生まれ。今年85歳。それより若い人は、軍隊生活も戦場も知りません。「日本男児の心を取り戻せ」みたいなことを言っても、自分自身が知らないという人のほうが多いのが現代です。こればっかりは、数字で出てしまうことなので、否定はできません。ただし、1931年生まれの人が60歳を迎えるのが1991年。定年を65歳と考...

Read more

若い人は中二病を嫌う。

これ、意外なようですが、いまの若い人の「空気読め」というのは、いわゆる中二病への対抗策という可能性があります。中二病というのは、中途半端に大人の世界が分かったつもりになって「大人はきたない」とか「最後は金目でしょ」とか言っちゃうアレです。大人社会の裏事情を暴露して「ほんとのことだからいいじゃん」とか言っちゃうアレです。自分の将来の道を見出したわけでもないくせに「こんな勉強してなんになるの?」とか言...

Read more

アドラーたちの時代。

民族主義の嵐が吹き始めていたのです。もっと前から帝国主義の時代だったのです。戦争が繰り返されていたのです。若者が徴兵され、植民地(とされたアジア・アフリカ)へ送られていたのです。その時代に「人生には高邁な目標が必要で、それを達成できない人生は無意味だ」と云ってしまえば、学業半ばで19歳で戦争で死んだ奴は無意味だったということになってしまうのです。職人修行の途中で民族差別によって15歳で死んだ少年は、最...

Read more

心理学関係者が絶対に言ってはいけないこと。

「なんだよ! 心配してやったのに!」自分の特技を活かして、相手から感謝の言葉を引き出したいので、特定個人に粘着し、なにくれとなくアドバイスしてやったところ、先方から煙たがられて「もう結構です」と断られた。すると怒鳴りつける。これは、心理学関係者には「あってはならないこと」です。他者貢献は、最終的には自分が生きがいを感じるためであって、自己満足すること自体は良いことなんですが、手段を間違えてはいけま...

Read more

大きな共同体感覚とは。

人間心理の中で最も卑しいのは、性的な想像をする心ではなく、自他を比較して優越感を得ようとする差別意識だと思っておくといいです。実在児童や女性の虐待・性的被害というのも、加害者が自己満足のために他人(自分の子どもでも自分自身とは別の個体)の人権を利用したということですから、差別意識に還元することができます。つまり弱い者イジメです。女性は腕力に乏しいので他人に具体的に「手を出す」ってことが少ないのです...

Read more

性的マイノリティと個人心理学。

「母親がトラウマだから性的マイノリティになった」と、本物の性的マイノリティの皆様の前で云ってはいけません。「じゃあ、お母さんがもっといい人だったら、私がレズビアンにならなかったってこと!?」「この子のママはすごくいい人だよ! 私のことも受け入れてくれたよ!」って、なるからです。新宿二丁目には、レズビアンもいます。トランスFtoMもいます。彼(女)たちは、シス・ストレート女性の甘えがきらいです。シス・ス...

Read more

村上隆のリトルボーイ論は克服されつつあると信じたい。

「シン・ゴジラとエヴァ」というキャンペーンイラストを見て「相変わらずファンの神経を逆撫でするのが得意だなァ」と変な感心を覚えつつ。村上のリトルボーイ論は、日本のサブカルが「下手である、田舎くさい、洗練されていない、子どもっぽい」という点に掛かっているわけでございます。子どもっぽいといっても無垢な童心が表現されているというのではなく、中途半端に「性」に関心を持ち始めた中学生が自己満足できるレベル。彼...

Read more

競争型ライフスタイルは、うつ病になりやすいと思いましょう。

世の中、下には下がいて、上には上がいるので、つねに自他を比較する人は、優越感で興奮した次の瞬間には、劣等感によってマイナス方向に興奮します。つまり、激しく落ち込みます。この劣等感というのは、他人から与えられるものではありません。自分勝手に自他を比較し、自分で自分を差別してしまったことによって、自分勝手に感じてしまったものです。優越感も同様です。自分勝手に自他を比較し、他人を差別することによって、自...

Read more

性的マジョリティにおける心的障碍は、性的マイノリティとは別です。

GLBTにとって最も困るのは「親の育て方のせいで同性志向または性別違和になった」と思われることです。親も差別されてしまうからです。また「再教育によってホモを治す」という発想につながって行くからです。「差別しなければいい」とも言えます。「二度と治らない」という知識を共有してもらえばいいとも言えます。でも根本的に誤解されたままというのは気分の悪いものです。いっぽう、性的マジョリティにおいて、親のしつけ...

Read more

アドラーからフロイトへ退行してはいけません。

復讐は甘美な夢ですが、アドラーからフロイトへ退行してはいけません。「うちの母親は自分の課題と子どもの課題を分離することができず、子どもの課題に介入する自己中心的な人間だったので、私が母親のトラウマから一生のがれられないアダルトチルドレンになってしまい、何歳になっても自他の区別ができないのは仕方がないのです」じゃダメなのです。アドラーを知った後でフロイトに戻っちゃいかんのです。だいたいアドラーが云っ...

Read more

娘が母親に責任転嫁しないという意味でもあります。

「課題を分離する」とは、親が子どもの課題に介入しないという意味であると同時に、子どもが親に責任転嫁しないという意味でもあります。「他人を変えることはできない」とは、自分が変わらなくてよいという意味ではありません。他人によって変えられる筋合いがないからこそ、自分で自分の悪いところに気づいて、自分で改善する必要があるのです。「お母さんが注意してくれなかったのが悪い」ではないのです。「お母さんが注意しす...

Read more

トラウマを克服する必要はありません。

もともと存在しないからです。にもかかわらず「母親のトラウマあるある~~」を自己PRポイントにしていた人は、そのほうが都合がいいから、そういう話にしておいただけです。それが要するに注目を浴びるための嘘だったということに自分で気づいてしまえば「恥ずかしいことをしていたな」と思うだけですから、まずは静かになるのが基本です。周囲の人は「最近はあんまりトラウマとか言わなくなったんだな」と思うだけです。おとな...

Read more

自分を遠くから見てみる観想療法の陥穽。

自分自身の姿を、幽体離脱したようなつもりで遠くから見てみましょうというのは、内省とか内観とかいう精神的作業をイメージ化したものです。哲学・論理学に慣れていない人々にも「自分で自分を分析する」ということを分かりやすくしたものです。それによって、自分の姿が滑稽であることが分かったら、もう不適切行動をやめるということを期待しているのです。眺めて終わりにしては意味がないのです。が、ここで女性が陥りやすい陥...

Read more

ノンセクシュアルでも育児はできます。

「お母さんがトラウマになっているから結婚できなかっただけなのに養子を取ることを社会が認めてくれないのは許せない!」と叫ぶ前に、できることがあります。看護師・保育士・教員などの資格を取るか、養護施設の職員になれば、むしろ自分の仕事で忙しい保護者よりも、人格形成の最重要時期に大きなサポートとなることができますまた、姉妹の子どもを預かる・シングルマザーとルームシェアするなどの方法で、交替で子どもの面倒を...

Read more

表面的な権力争いをしたがる人は劣等感を感じている。

現在のすべての名探偵ミステリーは、シャーロック・ホームズに依拠しているといって良いでしょう。でも、ホームズにも先祖がいます。天才的な人物が謎を解くことによって、物語を聞いている人は、自分が解いたわけでもないのに、爽快な気分を味わう。この面白さの源流をたどれば、オイディプスくらいまでは行き着くでしょう。でも、神話・伝説というのは、似たような話をまとめたものですから、オイディプスにも先祖がいるはずです...

Read more

医師免許のない人に、心の治療師の称号を授与する意味。

ミステリーに登場する名探偵というのは、正しい推理に基づいて、証拠を見つけちゃった素人です。創作上の警察は、間違った推理に基づいて、ありもしない証拠や、いもしない証人を探しているから捜査が行き詰まる。名探偵は警察手帳もなにも持っていないけれども、正しい推理に基づいて、まっすぐに犯人ゆかりの寺社を訪ね、ピンポイントで「昭和何年の台帳を見せてください」と指定することができる。それに基づいて犯人が自白する...

Read more

弱者意識があると、言葉使いが横柄になるので、自戒しましょう。

「マジョリティから一本取ってやるつもりで暴言を吐いてしまった後で、相手が本物のマイノリティだったと分かって、あわてる」これでは世間様へ向かって、自分が「相手によって態度を変える人間である」と宣伝してしまったことになります。弱者意識・被害者意識があると、かえって態度が高圧的になり、言葉使いが横柄になるのです。挨拶しなくてもいい、見知らぬ他人を怒鳴りつけてもいい、逆に自分のほうから「差別用語」を使って...

Read more

自分で自分を差別する人は、復讐する相手を間違える。

探し物をしながら「あなた知らない?」と質問する人自身は「落ちていたので、こちらの引き出しに入れておきましたよ」という答えを期待しているだけなのに、「私が盗んだっていうの!? 私が変な病気だっていうの!? バカにすんな!」と怒っちゃう人は、復讐する相手を間違えたのですね。以前に他人から「どうせお前が盗んだんだろう」といわれたことがあるのかもしれません。「お前は信用できない」といわれたことがあるのかもしれ...

Read more

男性恐怖症と吊橋理論を混同する自称ノンセクの真実。

本来、男性にとって最も恐ろしい試練とは、ほかの男性によって女役を強制されることです。それに較べりゃ壊れた吊橋を渡ったり、バンジージャンプするほうが、なんぼかマシです。(よね?)しかるに、1970年代に流行した女流美少年漫画では、先輩たちから「かわいい顔してる」といわれる新入生が2人も登場し、2人して先輩たちから追いかけられたり、それぞれに呼び出されてピンチな目に遭ったりして、そこから逃げ出す。で、2人...

Read more

男の気晴らし、女の気晴らし。

「周囲が女の話ばかりしているので身の置きどころがない」という男性と、「周囲が男の話ばかりしているので身の置きどころがない」という女性は、一見すると確かに似ています。けれども、決定的な違いがあります。あわてて連帯したがる前に、まず知っておきましょう。男の人が社会的に挫折を感じると「男同士で酒でも飲むか」ってなるわけです。立場が違うと、どっちかが道化役になって相手の機嫌を取ることになる。小津映画『生れ...

Read more

「使わざる、おえない」じゃないです。

「使わざるを、得ない」です。「使わないことは、できない」という意味です。二重否定。これ、不思議な発音がときどき聞かれます。おそらく「手に負えない」との混同なのです。「おえない」という単語が含まれていると思っちゃうのです。ケータイ充電器の発火には、お気をつけ下さい。...

Read more

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。