記事一覧

「使わざる、おえない」じゃないです。

「使わざるを、得ない」です。「使わないことは、できない」という意味です。二重否定。これ、不思議な発音がときどき聞かれます。おそらく「手に負えない」との混同なのです。「おえない」という単語が含まれていると思っちゃうのです。ケータイ充電器の発火には、お気をつけ下さい。...

Read more

男の気晴らし、女の気晴らし。

「周囲が女の話ばかりしているので身の置きどころがない」という男性と、「周囲が男の話ばかりしているので身の置きどころがない」という女性は、一見すると確かに似ています。けれども、決定的な違いがあります。あわてて連帯したがる前に、まず知っておきましょう。男の人が社会的に挫折を感じると「男同士で酒でも飲むか」ってなるわけです。立場が違うと、どっちかが道化役になって相手の機嫌を取ることになる。小津映画『生れ...

Read more

男性恐怖症と吊橋理論を混同する自称ノンセクの真実。

本来、男性にとって最も恐ろしい試練とは、ほかの男性によって女役を強制されることです。それに較べりゃ壊れた吊橋を渡ったり、バンジージャンプするほうが、なんぼかマシです。(よね?)しかるに、1970年代に流行した女流美少年漫画では、先輩たちから「かわいい顔してる」といわれる新入生が2人も登場し、2人して先輩たちから追いかけられたり、それぞれに呼び出されてピンチな目に遭ったりして、そこから逃げ出す。で、2人...

Read more

自分で自分を差別する人は、復讐する相手を間違える。

探し物をしながら「あなた知らない?」と質問する人自身は「落ちていたので、こちらの引き出しに入れておきましたよ」という答えを期待しているだけなのに、「私が盗んだっていうの!? 私が変な病気だっていうの!? バカにすんな!」と怒っちゃう人は、復讐する相手を間違えたのですね。以前に他人から「どうせお前が盗んだんだろう」といわれたことがあるのかもしれません。「お前は信用できない」といわれたことがあるのかもしれ...

Read more

弱者意識があると、言葉使いが横柄になるので、自戒しましょう。

「マジョリティから一本取ってやるつもりで暴言を吐いてしまった後で、相手が本物のマイノリティだったと分かって、あわてる」これでは世間様へ向かって、自分が「相手によって態度を変える人間である」と宣伝してしまったことになります。弱者意識・被害者意識があると、かえって態度が高圧的になり、言葉使いが横柄になるのです。挨拶しなくてもいい、見知らぬ他人を怒鳴りつけてもいい、逆に自分のほうから「差別用語」を使って...

Read more

医師免許のない人に、心の治療師の称号を授与する意味。

ミステリーに登場する名探偵というのは、正しい推理に基づいて、証拠を見つけちゃった素人です。創作上の警察は、間違った推理に基づいて、ありもしない証拠や、いもしない証人を探しているから捜査が行き詰まる。名探偵は警察手帳もなにも持っていないけれども、正しい推理に基づいて、まっすぐに犯人ゆかりの寺社を訪ね、ピンポイントで「昭和何年の台帳を見せてください」と指定することができる。それに基づいて犯人が自白する...

Read more

表面的な権力争いをしたがる人は劣等感を感じている。

現在のすべての名探偵ミステリーは、シャーロック・ホームズに依拠しているといって良いでしょう。でも、ホームズにも先祖がいます。天才的な人物が謎を解くことによって、物語を聞いている人は、自分が解いたわけでもないのに、爽快な気分を味わう。この面白さの源流をたどれば、オイディプスくらいまでは行き着くでしょう。でも、神話・伝説というのは、似たような話をまとめたものですから、オイディプスにも先祖がいるはずです...

Read more

ノンセクシュアルでも育児はできます。

「お母さんがトラウマになっているから結婚できなかっただけなのに養子を取ることを社会が認めてくれないのは許せない!」と叫ぶ前に、できることがあります。看護師・保育士・教員などの資格を取るか、養護施設の職員になれば、むしろ自分の仕事で忙しい保護者よりも、人格形成の最重要時期に大きなサポートとなることができますまた、姉妹の子どもを預かる・シングルマザーとルームシェアするなどの方法で、交替で子どもの面倒を...

Read more

自分を遠くから見てみる観想療法の陥穽。

自分自身の姿を、幽体離脱したようなつもりで遠くから見てみましょうというのは、内省とか内観とかいう精神的作業をイメージ化したものです。哲学・論理学に慣れていない人々にも「自分で自分を分析する」ということを分かりやすくしたものです。それによって、自分の姿が滑稽であることが分かったら、もう不適切行動をやめるということを期待しているのです。眺めて終わりにしては意味がないのです。が、ここで女性が陥りやすい陥...

Read more

トラウマを克服する必要はありません。

もともと存在しないからです。にもかかわらず「母親のトラウマあるある~~」を自己PRポイントにしていた人は、そのほうが都合がいいから、そういう話にしておいただけです。それが要するに注目を浴びるための嘘だったということに自分で気づいてしまえば「恥ずかしいことをしていたな」と思うだけですから、まずは静かになるのが基本です。周囲の人は「最近はあんまりトラウマとか言わなくなったんだな」と思うだけです。おとな...

Read more

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。