記事一覧

日本のサブカル、B層の子どもたち。

「戦後民主主義の子どもたち」で久しぶりに思い出したんですが、「日本のサブカルは田舎くさい」というのは、誰かが云ったのがタイムラインに乗って流れて来たもので、リツイートがなされたってことは賛同者が大勢いたってことです。ある程度多くの人が、そのように感じている。では、それには根拠があるのか?前にも申しましたが、これは「日本の」というからには比較対照が海外です。なかんずく欧米。あちらの若者文化はカッコい...

Read more

創作者は、あまり国粋主義的な気分になるものではないです。

表現の自由といいますが、土門拳や土方巽も表現者です。彼らの作品(パフォーマンス)は、いかに前衛的で過激で人間存在の最奥をえぐるようであっても、実際の被写体や自分自身の肉体に基づいているので、一定の良識の線を踏み越えないのです。つまり実際に人間をサツガイして、それを撮るとか、ショーにするということではない。いっぽう、創作というのは想像の産物ですから、最大限の自由が保障されていないと、うまく行かないの...

Read more

寒中お見舞い申し上げます。

暖冬から一転、厳しい寒さの続く日々となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。昨年は拙文にご高覧を賜りまして、まことにありがとうございました。センター試験の終わるまで創作物の話は控えようと思っていたのですが、その間にいろいろなことが起きてしまいました。思いがけないご不幸に遭われた皆さまに心よりお悔やみ申し上げます。著作権問題は、昨年11月に総理が変なことを云っていたので、終わってない気が致します。「二...

Read more

ポルノグラフィしか理解できないクレーマー。

BLはポルノだと思われたくない。エロス描写は必要ない。これはインターネットで散見される意見です。こういう人を本当に「ノンセクシュアル」というのかもしれません。不況の時にはポルノグラフィを売るのが出版界の鉄則ですから、1990年代の大不況以来、かたよった種類のものばかり市販されて来たので、偏見が生じているわけです。でも、それで悲しい思いをする人がいるなら、ポルノグラフィには分類されないBLの出版も増やし...

Read more

好きな雑誌の話も自分でしましょう。

特殊分野のファン、とくに古い時代の人々というのは「そっとしておいてほしい」という気持ちを持っているもので、このブログでは作品例について「あれも耽美、これも耽美、皆さん読んでみて下さい」というふうに紹介しておりません。また閲覧前注意にも申しました通り、特殊分野の自費出版物は著作者が一般公開を望まないことが多く、この実例についても紹介しておりません。(二次創作者にも著作者人格権があります。)小学館漫画...

Read more

好きな漫画の話は自分でしましょう。

BLというのは、ひじょうに女性に都合よく出来ています。女性好みの美青年しか登場しないとともに、女性自身の社会的転落や暴力被害者となる姿が描かれることが殆どなく、したがってPTSD的な不快な読後感を与えない・いわゆるトラウマを刺激することも少ない……というふうにです。だから、これを好む人の逃避性・依存性を強めてしまうことがあります。わざわざ他人へ「1982年頃の白泉社『花とゆめ』の話をして」と依頼しておい...

Read more

同人、ルサンチマン同人、クレーマー。

完全オリジナル初出作品を自費出版し、いわゆる同人誌即売会を発表場所と心得る人々。これはなんの問題もありません。「同人誌即売会」の本義からいうと、個人的な自費出版は不可だったはずですが、これは時代とともに規約が変更されたので、現在では無問題ということで、話は終わりです。アダルトだからダメだ・猥褻裁判だということであれば「表現の自由」を主張して、世界のアーティストと共闘することもできます。【即売会限定...

Read more

同人誌などでの二次利用に配慮して。

この言葉を新聞紙上で見る日が来るとは思いませんでしたw二次利用は海賊版(ゼロックスコピー)ではないので、原作の収益を直接には損なわないとは、このブログでも言ってきたかと思います。肩の荷が下りた感はありますが、あくまで他人のアイディアを勝手に借用していることには変わりありません。ロリショタ趣味への反感も消えません。原著者が人格権に基づいて「ジャンル」を停止させる恐れも無くなりません。あまり、えらそう...

Read more

質の高いパロディ、同人の自戒。

永井豪、山上たつひこ、日野日出志あたりを真面目に読んできた漫画ファンからすると、『ワンパンマン』の表現は不愉快だろうと思うのです。前衛的・挑戦的だった先輩たちの偉業を表面的に模倣して、笑いを取ることに利用している。既成キャラクターを直接利用しているわけではないので、いわゆる「二次創作」ではないけれども、手法そのものがパロディなわけです。でも、これは若い後続創作家にとっては当然のことで、反骨精神の表...

Read more

コスプレはバッグにしまってから帰りましょう。

思い起こせば30年ほど前。同人誌即売会でコスプレした姿のまま街頭を歩いた(たぶんお昼ごはんを買いに行った)人があって、住民を驚かせ、警察への通報となったことがありました。以来、コスプレは会場の中だけという約束ができました。じつは雑誌記者などが行列に並んでいる人のコスプレ姿を撮影して公開するのも、同人サイドから言うと迷惑行為なんだろうと思います。コスプレそのものを見物することを目的に来場する人(同人創...

Read more

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。