11, 2012
ジェリー・ブラッカイマーのローン・レンジャー・:*:・(*´∀`*)・:*:・

先日ポータルサイトで「意味のわからない昭和の流行語」っていう記事を拝見しました。1位はキモサベでした。私も昭和の子ですが知りませんでした。ローン・レンジャーのお友達のトントが使った言葉だそうですね。その記事で、ついでにジョニー・デップ主演でリメイクされるって読んだのですが、我が家には映画『ヴェロニカ・ゲリン』つながりで借りた映画『キング・アーサー』のDVDが郵送で届きまして。視聴前に改めてブラッカイ...

ジェリー・ブラッカイマーのローン・レンジャー・:*:・(*´∀`*)・:*:・

 11, 2012   0

 23, 2012
2004年『キング・アーサー』

「客を笑わせよう」という意識が無いのは爽やかでいい。撮影地はイギリスとアイルランド。俳優もそちらの人ばかりで、ハリウッドの皆さんと違ってなじみが少なく、一見すると地味なテレビドラマのような雰囲気だが、そこがいい。俳優は男も女も若者も中高年も、みな良い面構えをしている。泣かせる男の友情と、活目すべき女の勇気があって、魔法はない。 アーサーを帝政ローマ末期に実在し、苦悩しつつ離反した外人部隊隊長として...

2004年『キング・アーサー』

 23, 2012   -

 27, 2012
2008年『パニッシャー:ウォー・ゾーン』

これはいい(・∀・)マフィアの造形が安っぽくて怒りっぽくて、そこがいい。老ボスのしゃがれ声はドン・コルレオーネへのオマージュだ♪ と言っていいよね。アクションでスリラーでやや猟奇的、その代わりエロと中途半端なギャグはない。ある意味さわやかに、安心して観られる。あえて言えば『イベント・ホライゾン』に似ている。個人的にはもう明らかにレイ・スティーヴンソン目当てで借りている。(ずいぶん前に予約したので届いた...

2008年『パニッシャー:ウォー・ゾーン』

 27, 2012   -

 05, 2012
1958年東宝『無法松の一生』

一の谷の戦やぶれ討たれし平家の公達哀れ暁寒き須磨の嵐に聞こえしはこれか 青葉の笛更くる夜半に門を敲き我が師に託せし言の葉哀れ今際の際まで持ちし箙に残れるは 花や今宵の歌……若くして討たれた公達の歌を子供の声で聞くと、また真に迫って泣けますな(´;ω;`)ブワッいや、平家つながりではなく。運動会つながりで借りました(*´∀`) シーズンだったので「確か徒競走の場面があったよな」と思い出して。冒頭、俯瞰から屋根越...

1958年東宝『無法松の一生』

 05, 2012   -

 06, 2012
1998年『リプレイスメント・キラー』

かっこいいなぁ(*´∀`*)『キング・アーサー』から、フークア監督つながりでさかのぼりました。チョウ・ユンファ主演なのでキャッキャして見ました。キャッキャッ♪公開が1998年だから撮影はその前年のはずで、監督は31歳。若い勢いとアイディアが詰まってると思います。はるか低いところから睨め上げるようなカメラの動き、どこから撮ってるんだ!?∑(゚Д゚)と言いたいような大胆な構図、フェチっぽい極端な接写、銃器の機構の描写のか...

1998年『リプレイスメント・キラー』

 06, 2012   -

 07, 2012
ミュージック・クリップみたいな映画。

『リプレイスメント・キラー』の感想、その2。「物」の大胆な接写は、TVコマーシャルを連想させる。CMはもちろん商品を大写しにする。また、セリフのない長いアクション描写は、「MTV」みたいだ。音楽プロモーション用ビデオは、当然、新曲を聞かせなければならないから、ドラマ仕立てでもセリフもナレーションもない。ひと目みて状況が分かるように悪役は悪役らしい顔つき・衣装をしている。演技はパントマイム的に派手だ...

ミュージック・クリップみたいな映画。

 07, 2012   -

 26, 2012
1949年松竹『破れ太鼓』

見てよかった(*´∀`*)無法松つながりで阪妻めあて。美しい……! 映画は、唐突に長台詞をまくしたてる文学座女優の演技から始まる。不自然この上ない。ああ、この頃は舞台劇をそのまま撮ったようなところがあったなァとじゃっかん引いた気分で「古い映画はここが我慢のしどころ」と進展に付き合うと、カメラがずーーっとブレている。『安城家の舞踏会』でも「酔う(-_-;)」と思ったけど、70年代のドキュメンタリータッチの演出とは違...

1949年松竹『破れ太鼓』

 26, 2012   -

 30, 2012
1992年『パトリオット・ゲーム』

リチャード・ハリスかっこええ……!(まずそこ)アメリカの核家族は豪華なおうちに住んでいる。もしも我が家にロイヤルファミリーを迎えても、どんな料理を出したらいいかも分からないし、立派なカットグラスのセットも銀のティーポットもないや(次はそこ)萌えたり憧れたり恐怖してみたり。面白かったです。『トータル・フィアーズ』がアレだったんで、さかのぼってみました(ノ´∀`*)冬のロンドン。ベルファストの昔話。海辺の一軒...

1992年『パトリオット・ゲーム』

 30, 2012   -

 06, 2013
1967年『冒険者たち』

公開年には、監督アンリコ36歳、主演ドロン32歳。ヴァンチュラ48歳。シムカス24歳。いいバランスですな!DVDに収録された予告編には「TRES PROCHAINEMENT」とある。生き急ぐ三人、て意味だと思う。複葉機の曲乗り、バカッ早いクルマのエンジン、女だてらにガスバーナー。自由と冒険を求めて刹那的に生きる若者たち……なんて言えば煽り文句によくありそうだけど、狂騒的なように見えて、自暴自棄ではない。人生をまともに楽...

1967年『冒険者たち』

 06, 2013   -

 11, 2013
1977年『戦争のはらわた』

なんでこんなゾンビ映画みたいなタイトルになっちゃったんだ……(・e・)なぜ正月から戦争映画かというと去年の大河のせいでサム・ペキンパー作品を観たくなった(たぶん間違ってない)のでオンラインレンタルに予約しておいたのが順に消化されてやっと届いたというだけで、このタイミングで戦争映画である意味は特にない。ああ面白かった!……と、まずは言っておくべきだろうと思う。負けの込んだ戦場で見られる(であろう)様々な場...

1977年『戦争のはらわた』

 11, 2013   -