記事一覧

2009年アメリカ映画『ダレン・シャン』

原題「シルク・ドゥ・フリーク 吸血鬼の助手」よく分かるヴァンパイア講座(ノ´∀`*) 「仲間のつくり方」とか「血の吸い方」とか。吸うっつーか肩口に小傷をつけて啜るらしいです。「おっさんの血はやだなーー」と腰が引ける主人公が可愛い。HBO『ROME』のプッロ役、レイ・スティーヴンソン目当てで借りたらしいです。相変わらずワルっぽくてセクシーな感じ。今回は、こってり悪役。体格の良さをいかした威圧的な役で印象的でした...

Read more

2004年映画『オペラ座の怪人』

安定品質(*´∀`*)映像的には「当時できることを全部やった」って感じで何の文句もございません。満腹でございます。冒頭、シャンデリアの上昇とともに一陣の風が吹き、劇場が蘇っていく……主役はスワロフスキーのシャンデリア・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・舞台劇を客席から見ていれば、その舞台に吊るされたシャンデリアを客が真下から見ることは絶対にないわけで、映像ならではの表現、嬉しいやら有難いやら。耳に残る音楽もキタ━━━━(゚∀゚)━...

Read more

『平清盛』第36回が面白かったわけ。

……と、他が面白くなかったわけ。『五十の宴』のあまりのグダグダっぷりに脚本家がひそかに交替したってこともないと思うけど、ここのところ「比叡山の強訴」で素材が一貫していたわけである。三回くらい通して見てきたら面白い展開だった、溜飲の下がる形で決着がついた、というわけである。強訴の責任者である明雲と清盛が剃髪をきっかけに和解し、視聴者に「なんだ、明雲てしゃれたところがあるな」「清盛と気が合うみたい」と思...

Read more

2010年『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』

特撮だーー!!(*´∀`*) 幸せな感じ。どうもHBO『ROME』のヴォレン役ケヴィン・マクキッドが出ているので借りてみたようです。彼は『トレインスポッティング』がデビュー作でした(気づけ)初回から難しい役をもらったものです。王立の劇場や大学で演劇を学べるイギリス、いいですね。どうも「女性に弱い」「心が折れやすい」という役が多いようで、今回はそれが良い意味合いだった、と。新しい作品なのでご覧になったかたも多い...

Read more

1996年『トレインスポッティング』

ヘロイン中毒の青年たちの、どーもならん青春。良い子とお食事中の方は見ちゃいけません^^;スコットランドも大変みたい。1980年代後半をイメージしており、主人公たちが遊ぶディスコ(って今いいませんな)で流れる曲が懐かしい感じです。どうも『フルモンティ』からロバート・カーライルつながりで借りたようです。一見地味なんだけど、一度観たら忘れない俳優さんのような気がします。どうも見覚えがある……と思っていたら、今回...

Read more

‘Based on a True Story’ 2003年映画『ヴェロニカ・ゲリン』

1994年、麻薬の蔓延するアイルランドで密売組織の取材に単身切り込んだ実在の女性記者を描くセミドキュメンタリー。面白いというべきテーマではないんだけど、非常に面白い。ケルトを意識した民族調な音楽がすてき。重い話題だけど語り口はスピーディで鋭い。場面の切り替えが早く、同僚・協力者とのやりとりに洒落がきいて軽快。密売組織同士の権力争いが錯綜しており、そのミステリ要素に気が抜けない。原作・脚本が女性であるこ...

Read more

1935年映画『戦艦バウンティ号の叛乱』

面白い。 帆船・海軍・イギリス人の誇り。そういうものがお好きな方は是非ご覧になるといいです。古い作品ですが全く古くありません。キビキビと早いテンポで引き込んでくれます。一杯に張った帆を見上げる構図は圧巻です。カラー撮影よりも「風」を感じる気がする。どう見ても洋上ロケを敢行しており、それとスタジオ演技(背景の海は当時流の合成)を細かく組み合わせて、海の迫力と人間ドラマを同時に見せる工夫は凝っています...

Read more

ぽにょ、そーすけ、観たーー!

いつもは9時前に閉じるまぶたをこすりこすり、がんばって起きていた子らと3人で「可愛いねーー」を連発しながら楽しく拝見しました、金曜ロードショー。清史郎くんしっかりしすぎ^^; 子供たちはフジモト氏をさして「悪い人なの?」と質問してきたので、彼らも判断に迷ったもようです。正しく視聴しているというか正しく描けているのでしょう。グランマンマーレ登場の宗教的な雰囲気は、ちょっと怖かったらしいです。彼らが一番...

Read more

1960年映画『スパルタカス』

まだ観ていなかったことに気づいた!(ノ´∀`*)大ロケーション。大セット。大大大エキストラ。マット画きれい。古き良きスペクタクル映画を堪能したという思いがする。オペラかバレエの伴奏のような仰々しい音楽がのべつまくなし鳴ってるのが若干あれだが、これは時代だからしかたがない。以下、ネタバレ含みます。...

Read more

STARZドラマ『スパルタカス』第5巻。

朝風が秋めいて参りました。空が高いです。でも地上は蒸し暑いです(´・ω・`)湿度の高い日は汗が乾かないので体温が体内に籠りやすく、「低気温なのに熱中症」ということがあり得るそうです。体調と気候の変化には充分お気をつけ下さい。マウスをケーブルレスに変えました。購入後「せっかく買ったのに動かない」と思ってしばらく放っておいたのを主人が見つけ、黙って絶縁紙を引っこ抜いてくれました(ノ´∀`*) マウスポインタの滑...

Read more

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。