記事一覧

著作権侵害の非親告罪化は、いまさら有罪化という話ではありません。

いままで自由だったものが急に有罪化されたので納得いかな~~い、よい国民のみんなもそう思うでしょ~~という話ではありません。現行法で有罪です。二次創作は、もともと規制されているのです。それを「検問を実施しないでくれ」という話をしている(していた)だけです。それには「検問を実施すれば身に覚えのないドライバーまで足止めをくらって仕事に遅れてしまう。大損害だ」といった言い訳をするわけです。創作物に即して言...

Read more

そもそも、権利とは?

それを尊重してくれる人がいないと成り立たない概念です。女性が「私には基本的人権があるんですよ!」と叫んでも、男性が「俺には関係ねぇよ」と思えば、様々な事件が起きてしまうわけです。すると「私の人権を無視する悪い人がいます!」といって、司法に訴えることになります。その司法が発行する逮捕令状に基づいて、行政(警察)が出動するわけです。その警察が粘り強く勤勉である時、確実に逮捕がなされるので、加害者のほう...

Read more

著作権法そのものを否定する権利も、あることはあります。

世の中「確信犯」という言葉もありますが、言ってしまえば国民には「著作権法があること自体がおかしい」と主張する権利もあります。「著作権法なんて法律があるから我々同人は迷惑させられている。著作権法そのものを撤廃して、二次創作を全面自由化すべきだ」と主張する権利もあります。「著作権法があるからといって、逮捕させるほうが悪い。表現の自由の侵害だ」ということも、確かにできます。国民の自由を保障しているのが憲...

Read more

あらためて、二次創作弁護。

当方は、二次創作を売ることを生業にしておりませんので、切実な要望として言えることがあるとしたら「私たちはこれからも二次創作を読みたいです」になります。それは原作単行本をコピーしたものではなく、あくまで同人さんが自分で「次はどうするか」と考えて、自分の手で(腱鞘炎になるリスクも背負って)コツコツと描いたものですから、原作とは別個の価値として評価される権利を有すると信じます。同時に、もともと原作のファ...

Read more

二次創作弁護について、勘違いしてはいけない点。

前記事の話は「国家が一元管理することではありません」っていうところがいちばん重要なのです。同人を著作権者の横暴から解放してくださいって話ではないのです。基本的に規制されているという点は変わらないのです。それを逮捕させる権利を原作者に留保するか、国家が管理するかという話であって、同人のほうから「私たち金目です」と言えば、尚さら「国家が管理したほうがいい」という結論になる可能性だってあるのです。【ただ...

Read more

【事務連絡】カテゴリ分けすることにしました。

シリーズD…DはドージンのD。おもに著作権問題。「同人のほうから威張ることじゃないです」が基調です。シリーズB…BはBLのB。おもにBLの本質論と新宿二丁目方面とのトラブル軽減が目的。シリーズF…FはフェミニズムのF。一部社会学者による誤解・こじつけがBL論・新宿二丁目方面との関係をややこしくしてくれたことに対する批判。恨み節ともいう。シリーズR…Rは「ルサンチマン同人」のR。私の同人誌が売れなくなっ...

Read more

アマチュア作家が5年もかけて同じ話を書いている場合は。

「アマチュア作家が5年もかけて同じ話を書いていると言うので、無理と思った」というプロ編集者の話をどこかで読んだという前提の記事。多くの創作投稿サイトや創作カテゴリのブログにあるように、素人が同じキャラクターを用いて何年も書き続けているということは、あります。多くの人に、歴史上の人物や外国の有名人などへの憧れと、現代の日本人としての自分自身の実体験の両方を反映した「マイキャラクター」というのがあって...

Read more

フィクションとは、ひらたく言うと「嘘」です。

創作家・出版社・映画会社としては「この物語はフィクションです」と表示した時点で生産者責任を果たしているのです。国民の自由は憲法で保障されているので、その嘘を真に受けて、たとえばお話の舞台になった土地へ行ってみてもいいけれども、お話に出てきたプリンセスや美少年や人間の言葉をしゃべる動物はいないわけです。けれども、その土地名物の料理はうまかった。景色はきれいだった。駅員さんと店員さんは親切だった。観光...

Read more

アートしましょう。~同人の自己抑圧

「日本のサブカル」は、同人誌即売会という所があることを前提に活動を始めた人の場合、売ることを目標に発想も技術も特化させてしまうので、かえって自由に書く・自分なりに描くということを抑圧してしまっていることがあります。ひねりの入ったこと・暴力的なことをわざと言って「ウケ」を取らなければならないと思い込んでいることがあって、ごく当たり前の日常を表した文章がサラッと出てこないということがあります。「表現の...

Read more

ゆとりプライド。

いまどきの若い人は、「ゆとり」と呼ばれて笑いものにされることが多いので、「でも悪いことはしていません」というのが自尊表現になるのです。逆にいうと「私たちより年上の世代の人は、悪いことをして来たくせに、説教される筋合いはありません」です。だから、手ごわいです。若造だと思って、まだ小娘だと思って、なめてかかってはいけません。中年が自分を甘やかしていると、ちゃんと足許を見られます。じゃなんで今の中年は甘...

Read more

大学生は、成人です。

その年の4月1日までに18歳になった子が、現役合格・入学者です。だから大学生というのは、全員が18歳以上の成人です。4月2日に19歳になる子もいますね。その成人が高等教育の合間にえげつないものを書いてもいいです。その権利はあります。売り出す権利もあります。ただし、少女(未成年者)に売ってやったことを自慢した時点で、自分自身が成人としての責任を問われることになります。「でも私が目覚めたのは少女時代だよ!」...

Read more

それを同人が言うと、原作者の責任になります。

「私たちはプロより売れているのよw」不正な競争によって利益を損なわれた出版社とプロ創作家は、二次創作の原作の著作権者に対して、対応を求める権利が生じます。また国家に対して取り締まりの強化を求める権利が生じます。「そんなことできると思ってんの!? 私たち女の子には特権があるのよ!」という時代ではないです。「しかし私たちには『JUNE』をつぶしてやった実績がある。もう出版社に遠慮するな!」というなら止むを得...

Read more

歴史の裏舞台、創作界のブラックホール。

一人として帰って来なかった……っていうほど怖いところではないんですが、どうもね。「他人のキャラを無断利用して楽してカネもうけ」なんて夢を見てしまったために、メンタルやっちゃった人がいるらしいのです。いや、一人じゃないです。黒バス犯が代表ですから。もともと当方の同人・BL論の目的は、実在被害の軽減と、プロ創作家の名誉回復です。だから、二次創作BL同人さんには「確かに私たちはプロの先生たちを巻き込むつも...

Read more

「腐女子」の第一義。

まず、BLと二次創作BLは別です。著作権という決定的な違いがあるからです。従来「BL(ボーイズラブ)」という言葉は商業誌・文庫を示すものと思われていて、二次創作には使わなかったのです。1980年代に栗本薫などのプロ作家によるオリジナル作品が堂々のハードカバー単行本として発行される時は耽美派文学の一種という位置づけでした。帯に印刷されていたのは「耽美時代劇」などでした。出版社がお客様(読者)に対して自虐...

Read more

他人から禁止されるより、納得してやめたほうが確実。

「SNSを炎上させてはいけません! 新宿二丁目に行ってはいけません!」じゃなくて、BLというのはもともとこういうものなので議論して炎上する必要ないんですよ、ストレート女性がやたらに新宿二丁目へ行くと自分が恥をかきますよという、ご説明を申し上げております。他人から禁止されれば、反抗したくなるものです。それより説明を聞いて、納得して、自分自身の信念となって、自己判断によって「ここでは発言しない」とか「...

Read more

「同人はフェミとは別」とは、あなたが自分で守る注意です。

BLというのは、端的には「男性に女役を振る」というだけの話です。それを女性の一部がひじょうに面白がるので、創作家と出版社の一部にとってはいい稼ぎになると。それだけのことですね。それを社会学的見地から見れば「日本において、女性の役割とはこういうことだと考えられていることが読み取れる」となります。ファンの一部にとっては「自分の見合いのめんどくささや同級生が結婚してしまったくやしさを忘れて気軽に感情移入...

Read more

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。