30, 2016
1968年2月、マキノ雅弘『日本侠客伝 絶縁状』東映京都

組が解散して、散らばったゴミは誰が拾ってくれるんですかい。脚本:棚田吾郎 撮影:わし尾元也 照明:北口光三郎 美術:井川徳道 音楽:木下忠司 編集:宮本信太郎 助監督:原田隆司シリーズ8本目。斬新なハードバップ調の音楽は、まさかの木下忠司。そしてまさかの現代劇。戦後の法律によって侠客が資金源(賭場)を断たれ、かえって悪どい「暴力団」に変化していく皮肉がよく描かれています。棚田の脚本は男と男の言葉に...

1968年2月、マキノ雅弘『日本侠客伝 絶縁状』東映京都

 30, 2016   -

 30, 2016
1967年9月、マキノ雅弘『日本侠客伝 斬り込み』東映京都

男には一生に一度、たった一人でやらなければならんことが、きっとある。原案:河野英雄 脚本:笠原和夫 撮影:山岸長樹 照明:中山活雄 美術:井川徳道 音楽:斉藤一郎 助監督:原田隆司シリーズ第7弾。西日本一帯長期大ロケーション(予告篇より)影を利かせたオープニングが史上最高にカッコいいです。水平に構えたカメラのなめらかな移動が美しく、見せすぎ感のない編集も憎いです。脚本が笠原の一枚看板になりまして、...

1967年9月、マキノ雅弘『日本侠客伝 斬り込み』東映京都

 30, 2016   -

 30, 2016
1967年1月、マキノ雅弘『日本侠客伝 白刃の盃』東映京都

俺がやらなきゃ、誰がやる。脚本:中島貞夫・鈴木則文、撮影:わし尾元也、照明:北口光三郎、美術:川島泰三、音楽:斉藤一郎、助監督:原田隆司シリーズ屈指の名作って毎回云ってますが、ここへ来て天下一品の傑作が生まれてしまったようです。主題歌は高倉が唄うことに決まったみたいで、ストーリーも彼の一枚看板で定着したようです。昭和初期、銚子。セットの良さを活かした画と若手によるコメディから始まって、エキストラ大...

1967年1月、マキノ雅弘『日本侠客伝 白刃の盃』東映京都

 30, 2016   -

 30, 2016
1966年9月、マキノ雅弘『日本侠客伝 雷門の決斗』東映京都

あいにく俺ァ素人なんでね。損得の勘定はこれから勉強するとこだ。脚本:野上龍雄・笠原和夫 撮影:山岸長樹 照明:北口光三郎 美術:川島泰三 音楽:斉藤一郎 助監督:清水彰シリーズ屈指の名作。 って毎回云ってますが、演出力がぐんぐん上がって行くのです。今回は本当にすごいです。なお、主題歌がリニューアルしました。大正15年、夏。古き良き浅草、六区芸能界。マキノ的俯瞰の構図から始まって、世界観と対立の構図を...

1966年9月、マキノ雅弘『日本侠客伝 雷門の決斗』東映京都

 30, 2016   -

 29, 2016
ゴスロリとBLと、中年女性の少女自認。

「金髪の美少年どうしが親睦を深める横に、19世紀のフルドレスを着た美少女がいて、少年たちから同時に(妹として)愛される」この1970年代美少年漫画におけるキャラクター構成を現実化すると、BL派の女性が豪華なワンピースを着て、おおきなお人形をかかえているという姿になります。1992年以来、少女漫画・少女小説から独立したレーベルとして顕在化した「BL」の単行本カバー画などには、二人の男性が恋人同士のはずなのに、...

ゴスロリとBLと、中年女性の少女自認。

 29, 2016   -

 29, 2016
表面的な権力争いをしたがる人は劣等感を感じている。

現在のすべての名探偵ミステリーは、シャーロック・ホームズに依拠しているといって良いでしょう。でも、ホームズにも先祖がいます。天才的な人物が謎を解くことによって、物語を聞いている人は、自分が解いたわけでもないのに、爽快な気分を味わう。この面白さの源流をたどれば、オイディプスくらいまでは行き着くでしょう。でも、神話・伝説というのは、似たような話をまとめたものですから、オイディプスにも先祖がいるはずです...

表面的な権力争いをしたがる人は劣等感を感じている。

 29, 2016   -

 29, 2016
BLが描いて来たもの。

BLが伝統的に描いてきたものは、ゲイの青少年ではないのです。同性志向に生まれついた男児が幼少期から同性の同級生に恋をすることによって自認を深め、心ない人々からイジメられるいっぽうで尊敬できる先輩に出会い、人権運動に目覚めて行くという自伝的物語ではないのです。ですから、僭越ながら同性志向男性の皆様のために申し上げますと「女の描いているものは同性愛を美化している」と言ってはダメなのです。それでは「美化...

BLが描いて来たもの。

 29, 2016   -

 29, 2016
BLにも恩人がいます。

日本でウーマンリブ大会が開かれたのは1970年11月。三島由紀夫が市ヶ谷へ突入したのと同年同月です。1971年8月には、不世出の美少年子役ビョルン・アンドレセンが映画『ベニスに死す』公開キャンペーンで来日してテレビ出演し、日本の女流漫画家たちに多大なインパクトを与えました。1972年4月には川端康成が魂のトンネルを抜けて行きました。このとき、男性ナルシシズムに支えられた純文学上の「耽美」は死んだと云えるでしょう。...

BLにも恩人がいます。

 29, 2016   -

 29, 2016
ノンセクシュアルでも育児はできます。

「お母さんがトラウマになっているから結婚できなかっただけなのに養子を取ることを社会が認めてくれないのは許せない!」と叫ぶ前に、できることがあります。看護師・保育士・教員などの資格を取るか、養護施設の職員になれば、むしろ自分の仕事で忙しい保護者よりも、人格形成の最重要時期に大きなサポートとなることができますまた、姉妹の子どもを預かる・シングルマザーとルームシェアするなどの方法で、交替で子どもの面倒を...

ノンセクシュアルでも育児はできます。

 29, 2016   -

 28, 2016
2015年4月、橋本昌和『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』

あきらめるな。絶対に諦めるな!脚本:うえのきみこ 絵コンテ:橋本昌和、増井壮一、高橋渉、湯浅政明 音楽:荒川敏行、澤口和彦名にし負う歴代一位の涙腺破壊力。アニメ映画ヒットの法則は、オヤジにいい仕事させることと、可愛い子にも仕事させることなのかもしれません。野原ひろしの男心の繊細な描写を中心に、小物の使い方がうまく、終盤には怪獣映画的なデッカい画もあって、各ご家庭のとーちゃんを置いていかない連休向け...

2015年4月、橋本昌和『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』

 28, 2016   -

 27, 2016
自分を遠くから見てみる観想療法の陥穽。

自分自身の姿を、幽体離脱したようなつもりで遠くから見てみましょうというのは、内省とか内観とかいう精神的作業をイメージ化したものです。哲学・論理学に慣れていない人々にも「自分で自分を分析する」ということを分かりやすくしたものです。それによって、自分の姿が滑稽であることが分かったら、もう不適切行動をやめるということを期待しているのです。眺めて終わりにしては意味がないのです。が、ここで女性が陥りやすい陥...

自分を遠くから見てみる観想療法の陥穽。

 27, 2016   -

 27, 2016
BL好きな人はイメージしてください。

一次でも二次でもいいですが、あなたの好きな男性キャラクターが、酒場でもう一人の男性を待っているわけです。「今日こそあいつに声をかけよう」と思いながら。すると知らない女が顔を出して、視界を占領するわけです。そして「あなたより私のほうが可哀想よ。だって恋愛ができないんですもの」とか言って、泣き真似を始めるわけです。「知らねェよ……」と思いますわね。そこへ、やっと意中の彼が来て、一杯おごってやったら意気投...

BL好きな人はイメージしてください。

 27, 2016   -

 27, 2016
トラウマを克服する必要はありません。

もともと存在しないからです。にもかかわらず「母親のトラウマあるある~~」を自己PRポイントにしていた人は、そのほうが都合がいいから、そういう話にしておいただけです。それが要するに注目を浴びるための嘘だったということに自分で気づいてしまえば「恥ずかしいことをしていたな」と思うだけですから、まずは静かになるのが基本です。周囲の人は「最近はあんまりトラウマとか言わなくなったんだな」と思うだけです。おとな...

トラウマを克服する必要はありません。

 27, 2016   -

 27, 2016
娘が母親に責任転嫁しないという意味でもあります。

「課題を分離する」とは、親が子どもの課題に介入しないという意味であると同時に、子どもが親に責任転嫁しないという意味でもあります。「他人を変えることはできない」とは、自分が変わらなくてよいという意味ではありません。他人によって変えられる筋合いがないからこそ、自分で自分の悪いところに気づいて、自分で改善する必要があるのです。「お母さんが注意してくれなかったのが悪い」ではないのです。「お母さんが注意しす...

娘が母親に責任転嫁しないという意味でもあります。

 27, 2016   -

 27, 2016
アドラーからフロイトへ退行してはいけません。

復讐は甘美な夢ですが、アドラーからフロイトへ退行してはいけません。「うちの母親は自分の課題と子どもの課題を分離することができず、子どもの課題に介入する自己中心的な人間だったので、私が母親のトラウマから一生のがれられないアダルトチルドレンになってしまい、何歳になっても自他の区別ができないのは仕方がないのです」じゃダメなのです。アドラーを知った後でフロイトに戻っちゃいかんのです。だいたいアドラーが云っ...

アドラーからフロイトへ退行してはいけません。

 27, 2016   -

 26, 2016
1966年、篠田正浩『処刑の島』

俺たちは、またこうやって、やっとめぐり会えたというわけだッ。原作:武田泰淳(流人島にて) 脚本:石原慎太郎 撮影:鈴木達夫 美術:戸田重昌 音楽:武満徹 編集:篠田正浩 助監督:宮川昭司映画は大映。日生劇場プロダクション第一回製作。企画製作は石原なので、配給が大映。石原慎太郎にだけァ、今どきのサブカル作品についてなんだかんだと言われる筋合いはねェぞと啖呵切りたくなる作品。篠田正浩の唯美主義的映像に...

1966年、篠田正浩『処刑の島』

 26, 2016   -

 23, 2016
2011年、ポール・W.S.アンダーソン『三銃士』

船のボーイにしてください!脚本:アレックス・リトヴァク、アンドリュー・デイヴィス 撮影:グレン・マクファーソン 美術:ポール・デナム・オースタベリー 衣装:ピエール・イヴ=ゲロー 視覚効果監修:デニス・ベラルディ 音楽:ポール・ハスリンジャー独・仏・英合作。日本的副題「王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」『ダ・ヴィンチ・コード』の記憶がまだ新しかった頃に、『トゥームレイダー』じゃなくて『バイオハザ...

2011年、ポール・W.S.アンダーソン『三銃士』

 23, 2016   -

 21, 2016
2008年、榊英雄『ぼくのおばあちゃん』

優しい嘘って、いうこともあるんだね。製作総指揮:木下直哉 原作:なかむらみつる(「ぼくのおばあちゃん」ぴあ刊)脚本:龜石太夏匡・榊英雄 撮影:宮川幸三 照明:鈴木康介 美術:井上心平 音楽:榊いずみ 特別協力:愛媛県・大洲市 東京ロケ協力:木下工務店柿の実、鶏頭、物干し台。ひっさつ・せーばい剣ッ。おとながまじめに子どもと遊んでくれた頃。大事にしたい作品。第21回東京国際映画祭、日本映画「ある視点」部...

2008年、榊英雄『ぼくのおばあちゃん』

 21, 2016   -

 20, 2016
1952年、ルネ・クレマン『禁じられた遊び』(Jeux Interdits)

100年、これを預かって。原作:フランソワ・ボイェル 脚本:ジャン・オランシェ、ピエール・ボス、ルネ・クレマン撮影:ロベール・ジラール禁断の遊びは、本人にとっては遊びじゃないのです。幼い恋の悲劇は、それが人間の無力さの象徴だから切ないのです。1940年6月。戦争がなければ起きなかった小さな出会い。古典的名作を順に見てみよう企画。でも意外に新しくて1950年代に入ってからでした。オープニングクレジットは絵本の形...

1952年、ルネ・クレマン『禁じられた遊び』(Jeux Interdits)

 20, 2016   -

 16, 2016
1974年3月『宇宙戦艦ヤマト』(DVD第5巻)

明日の幸せというものは、自分の力でしか獲得できないものですからね。【第25話】脚本:山本暎一 作画監督:岡迫亘弘イスカンダル星へ投錨。スターシァは前々回で「ガミラスもイスカンダルも地球人もおなじ人間」と云っていたのですが、彼女と雪が似ていることには(ここで見るかぎり)とくに深い意味はないようです。守の無事を喜ぶ真田さんは若々しいです。この期に及んで画像と音声のシンクロ具合が良くないんですが、編集の問...

1974年3月『宇宙戦艦ヤマト』(DVD第5巻)

 16, 2016   -

 16, 2016
1975年2月『宇宙戦艦ヤマト』(DVD第4巻)

【第19話】 脚本:山本暎一 作画監督:岡迫亘弘匂い優しい白百合の 濡れているよな あの瞳。(『北上夜曲』作詞:菊地規)相原くんがメンタルやられちゃったようです。心理描写主体ですから画面的には地味で、編集が荒いですが、山本脚本らしい脇役キャラクターに焦点を当てた良エピソード回です。想い出すのは、想い出すのは、北上河原の雪の夜。母に会いたくて脱走した・姉に会うために脱走したというエピソードは実写映画に...

1975年2月『宇宙戦艦ヤマト』(DVD第4巻)

 16, 2016   -

 16, 2016
1974年『宇宙戦艦ヤマト』(DVD第3巻)

【第13話】 作画:スタジオ・メイツ 小泉謙三 朝倉隆貴様も人間なら、命の大事さを知れ!ドメル将軍登場。右手を挙げる挨拶が、いかにもあれな感じ。よくこれをアメリカへ売り込もうと思ったな、と。総統のお風呂は豪華でした。念のため確認しておきますが、欧米で売りたいなら金髪の男性が悪役として登場するものは無理です。大原則です。今なら向こうの若者のほうが日本流サブカルの文法にだいぶ慣れたかもしれませんが、より...

1974年『宇宙戦艦ヤマト』(DVD第3巻)

 16, 2016   -

 15, 2016
性的マジョリティにおける心的障碍は、性的マイノリティとは別です。

GLBTにとって最も困るのは「親の育て方のせいで同性志向または性別違和になった」と思われることです。親も差別されてしまうからです。また「再教育によってホモを治す」という発想につながって行くからです。「差別しなければいい」とも言えます。「二度と治らない」という知識を共有してもらえばいいとも言えます。でも根本的に誤解されたままというのは気分の悪いものです。いっぽう、性的マジョリティにおいて、親のしつけ...

性的マジョリティにおける心的障碍は、性的マイノリティとは別です。

 15, 2016   -

 15, 2016
競争型ライフスタイルは、うつ病になりやすいと思いましょう。

世の中、下には下がいて、上には上がいるので、つねに自他を比較する人は、優越感で興奮した次の瞬間には、劣等感によってマイナス方向に興奮します。つまり、激しく落ち込みます。この劣等感というのは、他人から与えられるものではありません。自分勝手に自他を比較し、自分で自分を差別してしまったことによって、自分勝手に感じてしまったものです。優越感も同様です。自分勝手に自他を比較し、他人を差別することによって、自...

競争型ライフスタイルは、うつ病になりやすいと思いましょう。

 15, 2016   -

 15, 2016
自分の跡を追いかけた1980年代コミケ参加者。

アニパロは「売れるから売る」という人に質問してみましょう。買う人は何が面白くてカネを出すのですか?「エロいからだ」と答えるでしょう。では、なぜオリジナルよりもエロく感じるのですか?もう、ここで答えられなくなると思います。人によっては怒鳴り出すでしょう。「昔からそう決まってるの! そんなことも知らないの!?」ってね。じつは本人の中で本末転倒が発生しているのです。【流行の自己増殖】冷静に考えると、「パロ...

自分の跡を追いかけた1980年代コミケ参加者。

 15, 2016   -

 15, 2016
同人活動は他者との競争ではありません。

現実が混沌としているからこそ、理念が必要です。どんなに時代が変わっても、守るべき精神があります。人生が他者との競争ではないように、同人活動も他者との競争ではありません。旧作だろうが、ピコ手だろうが、自分の描きたいものを描いて、無理のない範囲で製本・出展すればよいのです。出展権利は抽選であり、すべての同人は平等です。他人を笑いものにする人は、その人のほうが勘違いさんです。「プロより私たちのほうが売れ...

同人活動は他者との競争ではありません。

 15, 2016   -

 15, 2016
村上隆のリトルボーイ論は克服されつつあると信じたい。

「シン・ゴジラとエヴァ」というキャンペーンイラストを見て「相変わらずファンの神経を逆撫でするのが得意だなァ」と変な感心を覚えつつ。村上のリトルボーイ論は、日本のサブカルが「下手である、田舎くさい、洗練されていない、子どもっぽい」という点に掛かっているわけでございます。子どもっぽいといっても無垢な童心が表現されているというのではなく、中途半端に「性」に関心を持ち始めた中学生が自己満足できるレベル。彼...

村上隆のリトルボーイ論は克服されつつあると信じたい。

 15, 2016   -

 14, 2016
2015年、細田守『バケモノの子』

胸の中の剣を握れ。原作・脚本:細田守 作画監督:山下高明・西田達三 美術:大森崇・高松洋平・西川洋一 音楽:高木正勝 CGディレクター:堀部亮 助監督:青木弘安一本刀、落とし差し。日本人の得物は、やはり日本刀がよろしゅうございますね。渋谷区全面協力により街頭一大ロケーション敢行(違)金曜ロードショー(の録画)で拝見しました。スクランブル交差点や闘技場など、CGでなんでも描ける時代になったとはいえ、限...

2015年、細田守『バケモノの子』

 14, 2016   -

 13, 2016
性的マイノリティと個人心理学。

「母親がトラウマだから性的マイノリティになった」と、本物の性的マイノリティの皆様の前で云ってはいけません。「じゃあ、お母さんがもっといい人だったら、私がレズビアンにならなかったってこと!?」「この子のママはすごくいい人だよ! 私のことも受け入れてくれたよ!」って、なるからです。新宿二丁目には、レズビアンもいます。トランスFtoMもいます。彼(女)たちは、シス・ストレート女性の甘えがきらいです。シス・ス...

性的マイノリティと個人心理学。

 13, 2016   -

 13, 2016
プロは自虐しておりません。

榊原史保美の奇妙な解説書に漂う悲しさは、自分たちが1978年以来心血を注いで書き上げてきたものが、後から発生した稚拙で粗雑なパロディ作品と混同され、無礼なレッテルを貼られて、自虐したことにされてしまったことによります。実際には自虐していない人々に対して、あたかも自分から言い出したかのように責任転嫁しつつ、無用なレッテルを貼ることは、差別行為に当たります。1980年代の吉田秋生も、秋里和国も、彼女たちを売り...

プロは自虐しておりません。

 13, 2016   -