31, 2017
男女に興味がないことは、男同士に興味があることの理由にはなりません。

ゲイコミュニティが「弱者同士の連帯したい」という女性に望むことは、彼ら同士の連帯のための静かな時間を邪魔しないことです。彼らのプライバシーを尊重し、女性には関係のない質問をしないことです。「連帯」という言葉を女性に都合よく勘違いすることではありません。お店の経営者の中には、勘違い女こそ再教育して「アライ」にしてしまえばいいという方もあります。一理あります。ただし「誰がやるんだ」という問題が残ります...

男女に興味がないことは、男同士に興味があることの理由にはなりません。

 31, 2017   -

 31, 2017
もしも未婚者が既婚者をゲイバーへ案内したら。

最初のうちは既婚者が「こんなの初めて」と興奮するでしょう。未婚者は都会を案内してやった気分で鼻高々でしょう。が、やがて既婚者が「私、じぶんが恵まれていることが分かったわ。うちへ帰って旦那と子どもにごはん出してやらなくちゃ」って言うのです。すると、お店のおネエ様たちも「そうよ。それがいいわよ。せっかく産んだ子どもを大事にしなさいよ」って仰るのです。ショーを観て終わりにするのではなく、自慢してやるつも...

もしも未婚者が既婚者をゲイバーへ案内したら。

 31, 2017   -

 31, 2017
1951年10月、小津安二郎『麦秋』松竹

みんな大きくなっていくよ。脚本:野田高梧・小津安二郎 撮影:厚田雄春 美術:濱田辰雄 録音:妹尾芳三郎 照明:高下逸男 音楽:伊藤冝ニ 巧藝品考証:澤村陶哉 監督助手:山本浩三 撮影助手:川又昂いちめんのむぎのほ いちめんのむぎのほ いちめんのむぎのほ。淡島千景つながり。原節子と二人でキャッキャウフフしております。なんだこの小津さんがうらやましい感じ。昭和26年度芸術祭参加作品。1951年と聞いて「新し...

1951年10月、小津安二郎『麦秋』松竹

 31, 2017   -

 30, 2017
BLは純文学と漫画とアニメを混合させたプチブル文化です。

1949年に三島由紀夫の自伝的小説があって、1961年に森茉莉の空想的小説があって、1971年にヴィスコンティの映画があった。それより前に「一人でアニパロを思いついて同人誌を発行していました」という人がいるなら見せてくださいってことですが、1971年の時点では、まだアニメのほうが成長していないのです。今でいう二次創作BLというものは、無知な少女が少年漫画を読んでいるうちに、ある日とつぜん組み合わせることを思いつい...

BLは純文学と漫画とアニメを混合させたプチブル文化です。

 30, 2017   -

 30, 2017
アプレゲールの終焉。

1980年代を知っている人は「若者=非行文化、オジ・オバ=保守派」という二項対立の中に生きています。けれども自分自身がオジ・オバになってしまった今、ほんとうに若い人を困らせるのが、中年の不良ごっこです。若い頃には、自分自身が「お母さんは頭が固い。私のやりたいことに口出ししないで」って言っていたはずです。それが今では、ほんとうに若い人から冷たい眼で見られているのです。性的な意味で過激な(二次創作)BLの...

アプレゲールの終焉。

 30, 2017   -

 30, 2017
1960年5月、衣笠貞之助『歌行燈』大映

中途半端な芸事は、身を滅ぼしますよ。製作:永田雅一 原作:泉鏡花 脚本:衣笠貞之助・相良準 撮影:渡辺公夫 録音:橋本国雄 照明:泉正蔵 美術:下河原友雄 音楽:斉藤一郎 能楽:木原康次 色彩技術:渡辺静郎明治三十年頃、伊勢山田から始まるお話。女形だった監督が描く究極の女性美と日本の自然美と建築美。全篇に渡って謡曲を堪能できる映画というのも珍しいわけでございまして、後味の美しさからいっても一度は御...

1960年5月、衣笠貞之助『歌行燈』大映

 30, 2017   -

 30, 2017
1959年6月、市川崑『鍵』大映

人間の老衰現象は、十歳から始まるそうです。製作:永田雅一 企画:藤井浩明 原作:谷崎潤一郎 脚本:和田夏十・長谷部慶治・市川崑 撮影:宮川一夫 録音:西井憲一 美術:下河原友雄 照明:伊藤幸夫 色彩技術:田中省三 音楽:芥川也寸志映画は大映。愛欲描写の凄まじさに映画化不可能を叫ばしめ、日本中に賛否の嵐を呼んだ谷崎文学を最高の適役で描く。(予告篇より)クルボアジェを装備して臨みたいですが予算不足につ...

1959年6月、市川崑『鍵』大映

 30, 2017   -

 30, 2017
2017年1月22日、グランシップ静岡能『隅田川』『小鍛治』観世流

急ぎそうろうほどに。これハはや大きな船に着きにけり。周囲にさえぎるものがなくて、いつ参ってもやたらと寒いグランシップへの道でございますが、能楽公演の時だけ能舞台が仮設される中ホール「大地」はクロークを開けてくれるので、防寒対策万全でも会場内で荷物になることがありません。ありがたいです。能楽にドレスコードは特にありません。座りっぱなしで拝見するものですし、楽な服装で大丈夫です。けれども、着物を買った...

2017年1月22日、グランシップ静岡能『隅田川』『小鍛治』観世流

 30, 2017   -

 27, 2017
1960年9月、黒澤明『悪い奴ほどよく眠る』東宝・黒澤プロ

あくまでもあなたを信頼しているから、よろしく。脚本:小國英雄・久坂栄二郎・黒澤明・菊島隆三・橋本忍 撮影:逢澤譲 美術:村木興四郎 録音:矢野口文雄・下永尚 照明:猪原一郎 音楽:佐藤勝 監督助手:森谷司郎昭和三十五年度芸術祭参加作品。スタッフおよびキャストの勢ぞろい感。ロケハンは今日も絶好調。いつにも増して長回しによる視線移動の妙味の中に短いショットを差し挟む編集の冴えを見せ、同じ構図をくりかえ...

1960年9月、黒澤明『悪い奴ほどよく眠る』東宝・黒澤プロ

 27, 2017   -

 27, 2017
1953年6月、木下恵介『日本の悲劇』松竹

子どもをえらくしようと思うと、ほんとに骨が折れますねェ。製作:小出孝・桑田良太郎 脚本:木下恵介 撮影:楠田浩之 企画提供:新映株式会社 美術:中村公彦 録音:大野久男 照明:豊島良三 音楽:木下忠司 監督助手:川頭義郎伊豆の山々、月淡く。国は敗れて、草木深く、政治は貧し。日本に近代市民などない!(色川大吉)これはまたある意味大胆な、登場人物の目線の高さに、ガンとカメラを据えて撮りに撮ったり、ワン...

1953年6月、木下恵介『日本の悲劇』松竹

 27, 2017   -

 27, 2017
1936年10月、溝口健二『祇園の姉妹』第一映画

男はんていう男はん、みんなあてらの敵や。原作:溝口健二 脚色:依田義賢 撮影:三木稔 録音:加瀬久充実した1時間10分。オープニングBGMがまさかのビッグバンドジャズで、のっけからワンシーン・ワンカット。溝口健二恐るべし。ドキュメンタリーと見紛う名優ぞろい、華やかな京都の社交界の裏側を描く超絶リアリズム。わざと同じ構図をくりかえすとか、自動車の車内から「カーブを曲がる」という表現(車窓外の合成画の工...

1936年10月、溝口健二『祇園の姉妹』第一映画

 27, 2017   -

 27, 2017
「解決すべき問題を、ひとつずつ紙に書いてみようよ」

HTML文書でもいいです。「10個ぐらいの個別の問題を順に解けばいいだけ」です。(参考:糸井重里・池谷裕二『海馬 脳は疲れない』p.286)すると「ここは関連づけて考える必要がないところなのに混同されている」とか、これは創作物の特性として当たり前のことなのにBLだけがおかしいことにされているのは、むしろおかしいといったことが見えて来るわけです。例えば「もともと権力者が若者を搾取する」という古典的ステレ...

「解決すべき問題を、ひとつずつ紙に書いてみようよ」

 27, 2017   -

 26, 2017
BLは、もともと女性文化の多様化です。

父親の思い出をつづって、文章力を認められた森茉莉。女だてらにSF・ゴシックロマン・歴史に造詣があるところを見せた二十四年組。ついでに白洲正子。検閲制度が廃止された戦後社会にあって、例外的に教養を高めた女性の中から「男の世界ではこういうこともある」という暴露がなされたわけですね。三島由紀夫も寺山修司も舌を巻いた。そこに表現されているものは、やっぱり男性の性的関心の独善性である。年上の者から誘われ、受...

BLは、もともと女性文化の多様化です。

 26, 2017   -

 26, 2017
二次創作BLの自己中心主義に自分で気をつけましょう。

なんの話題でも、それ自体の文脈に沿って理解することができずに「でも私の場合はね」と論点をすり替えようとする人は、もともと自己中心的だということができます。すでにご承知の通り、二次創作BLというのは、有名キャラクターを適当に見つくろって利用する創作技法ですから、ひじょうに自分勝手なものです。ですから、もともと自己中心主義な人が引きつけられて、入って来てしまうことがあります。とくに「山も落ちもない」と...

二次創作BLの自己中心主義に自分で気をつけましょう。

 26, 2017   -

 26, 2017
同人やっていた中年と、『薔薇族』クレーマーの危険な類似。

唐突なようですが、全体主義ってのは、内部に多様性を含んだ包括主義ではありません。誰かの一存に他の「みんな」を従わせようとする危険思想です。さて。当方は、もともと「1970年代の作品が懐かしいですね」って言ってるだけのものです。『ヤマト』『ルパコナ』など、例を挙げるまでもなく、最近のアニメ作品は1970年代作品に直接トリビュートしているものが多いので、思い出す機会も多いからです。その一環として「二十四年組の...

同人やっていた中年と、『薔薇族』クレーマーの危険な類似。

 26, 2017   -

 26, 2017
逃げたと思われると困るのはなぜですか?

小学校の遊び仲間から外れた、中学校の部活を辞めたという場合は、学校へは行かなくちゃならない。休み時間に「なぜ逃げたんだよ」と絡まれるかもしれない。おなじ学区内に住んでいるから自宅まで押しかけられるかもしれない。だから小中学校、とくに公立のイジメは深刻なわけです。企業ではどうか。辞めてしまえば、それまでの同僚とはお付き合いがなくなるはずです。転職できたら、転職した先の同僚と友達づきあいが始まるだけで...

逃げたと思われると困るのはなぜですか?

 26, 2017   -

 26, 2017
ビデオゲームも野外遊びも両方好きでいいです。

「うちの子は、せっかく自然に親しませてやってるのに、ゲームをやるから困る」って言う母親がいるんですって。父親や祖父母もいるかもしれません。両方好きでいいです。昼間は外で遊んで、夜はゲームを少しやって、9時に寝かせればいいです。テレビと照明は消しましょう。成長ホルモンは夜の11時ころ、真っ暗な部屋の中で脳内に分泌されます。昼間ゲームやって夜遊びすると不健全ですが、そこが間違ってなければいいです。この...

ビデオゲームも野外遊びも両方好きでいいです。

 26, 2017   -

 20, 2017
1978年5月『横溝正史シリーズⅡ 真珠郎』TBS系

金田一の腹具合はともかく、それから間もなく彼の予感は見事に的中した。脚本:安藤日出男 撮影:森田富士郎 照明:中岡源権 美術:西岡善信 音楽:真鍋理一郎 監督:大洲斉真珠郎は、どこにいる? アタックのきいた前衛的なチェロ音楽が魅力的です。自転車に乗る前にはブレーキのきき具合を点検しましょう。お断り:この原作には、金田一耕助は出ていませんが、原作者の了解をえて、登場させています。(字幕より)TBS系...

1978年5月『横溝正史シリーズⅡ 真珠郎』TBS系

 20, 2017   -

 20, 2017
1956年10月、市川崑『日本橋』大映

芸者の操。あなたお笑いなさいまし。製作:永田雅一 企画:土井逸雄 原作:泉鏡花 脚本:和田夏十 撮影:渡辺公夫 色彩指導:岩田専太郎 照明:柴田恒吉 美術:柴田篤二 音楽:宅孝二 助監督:増村保造春で朧で御縁日。映画は大映。昭和31年度芸術祭参加作品。淡島千景、絶好調。山本富士子・若尾文子そろい踏みの美女ドラマ。楽しい仕事だったにちがいない監督、41歳。1956年という制作年が信じがたいほど美しい「大映カ...

1956年10月、市川崑『日本橋』大映

 20, 2017   -

 20, 2017
1952年4月、溝口健二『西鶴一代女』児井プロ・新東宝

身分などというものがなくなって、誰でも自由に恋のできる世の中が来ますように!原作:井原西鶴『好色一代女』 構成:溝口健二 脚本:依田義賢 監修:吉井勇 撮影:平野好美 照明:藤林甲 美術監督:水谷浩 音楽:斉藤一郎 特別出演:文楽座 三ツ和会 人形:桐竹紋十郎 太夫:竹本源太夫 三味線:豊沢猿次郎 振付:井上八千代 琴:萩原正吟観客の目線とともになめらかに人物を追う溝口流カメラワークによって、封建...

1952年4月、溝口健二『西鶴一代女』児井プロ・新東宝

 20, 2017   -

 19, 2017
「私たちのもの」だから、フェミが責任取りましょう。

「男同士は異常だ」と書かれた創作物を読んで興奮した若い女性が、わざわざゲイバーまで押しかけて来て、我々に対して下品な質問をして困るので、対応してほしい。ゲイコミュニティがこのように訴えてきた時に、フェミニストの答えが「そのような創作物は私たちのものです!」では、お話にならないのです。ゲイコミュニティは最初から「あのように失礼な創作物は、あんた達のものだろうから責任取ってくれ」と言ってきたのです。彼...

「私たちのもの」だから、フェミが責任取りましょう。

 19, 2017   -

 19, 2017
女性が『薔薇族』に文句言う筋合いではありません。

1975年のコミケ初開催に15歳で参加した人は、1980年には成人します。人によっては実家を出て、一人暮らしを始める。すると親に気兼ねせずに成人向け雑誌を講読できるようになるわけです。すると、女性が『薔薇族』の内容に難癖つけることも起きる。……いや、だから。なぜそこでクレームする!?ツイッターなどの無かった時代ですから、わざわざ手紙を書いて編集部へ投書したか、わざわざゲイバーへ押しかけて直談判したですな。そら怒...

女性が『薔薇族』に文句言う筋合いではありません。

 19, 2017   -

 19, 2017
「LGBTは生理的に無理と言えばいい」の真意。

某市長さんのお話。これは「もっともらしい理屈をいって、おためごかしをしてないで、俺は差別したいとハッキリ認めればいい」ってことなのです。某市長が「LGBTは生理的に無理と言えばいい」と発言したと報道されると、「言えばいいんだ」という脊髄反射が生まれがちですけれども、そこじゃないですね?「言い訳するな」が本当の意味です。同性婚について「少子化が進むから良くない」と言うなら「孤独死を防げるから良い」と...

「LGBTは生理的に無理と言えばいい」の真意。

 19, 2017   -

 19, 2017
可哀想と思うことが悪いわけではなく。

相手に聞こえるように「可哀想」と言っちゃってもいい、と思っていることが差別なのです。車椅子使用者を指さして、どっかの子どもが「可哀想」と言った。母親らしき大人の女性も「可哀想ね」と言った。俺は可哀想なのか?人権擁護啓発ポスターの一節ですけれども、ここは「車椅子使用者は可哀想かどうか?」を議論するところではないです。「思っても言わない気遣いができるかどうか」です。だって「可愛い」とか「かっこいい」と...

可哀想と思うことが悪いわけではなく。

 19, 2017   -

 19, 2017
上野さんの百円レンタル発言の件。

2014年2月19日付『Woman type』の記事の話。ふた昔前のような気がする話題ですけれども思い出したもんですから。個人的に、おかげ様ツタヤ様で本当に100円で映画観て幸せですから、そこはいいんですけれども。「年収300万円の男女が結婚すれば、世帯年収は600万円になります。今の平均世帯年収の400万円台を軽く超えますし、子どもに高等教育を受けさせるにも十分な額です。ですから、女性は年収300万円を確保しつつ、年収300万円...

上野さんの百円レンタル発言の件。

 19, 2017   -

 17, 2017
あわててクレームすると、お局さま編集者が威張っていることになってしまいます。

BL周辺が常に騒がしい理由の一つは、内部抗争があることでございまして、とくに市販作品の話をしている時に同人系が対抗意識を燃やして難癖つけてくるのは困るのです。もともと「BLにエロはいらない」とか「10ページに1回エロを書けなどと言われたくない」とかいうのは、市販作品の制作に当たって、出版社の編集者が偏見を持っているので困るという、プロ作家およびファンの愚痴なのです。アマチュア作家なら、自分の思った通...

あわててクレームすると、お局さま編集者が威張っていることになってしまいます。

 17, 2017   -

 17, 2017
若い人が、おとなの女にはついて行けないと言っているのです。

「いまの若い人々からは、同人・BL作品といえども多様化を求める声が挙がっています」という報告をしている時に「20年前にはエロが売れたんだよ! みんな私の同人誌を買いに来たよ!」と言われても困るのです。まさに、そういう「昔とった杵づか」というつもりの中年が過激なものばかり発行するから、若い人が「私の読みたいものがない」といって嘆いているのです。歳を取るにつれて、従来のものに飽きてしまい、刺激ににぶくな...

若い人が、おとなの女にはついて行けないと言っているのです。

 17, 2017   -

 17, 2017
BLは、男性中心社会における既成概念の追認にすぎません。

BLと呼ばれるようになった表現分野については「男性中心社会を否定しているのか、肯定しているのか」、まさにマルクス主義的な議論が行われていたわけですね。けれども、実態は「男性が権力をにぎると、異性ばかりか自分の後輩にまで性的な意味で手を出すことがある」という伝説に依拠しているにすぎません。また、かならず男女の真似をするというステレオタイプに基づいている。その際、年少者のほうが女に見立てられるというの...

BLは、男性中心社会における既成概念の追認にすぎません。

 17, 2017   -

 17, 2017
創作ファンは国民の一部にすぎません。

1960年に20歳で、シュプレヒコールったりジグザグったりしていた人は、今年77歳です。(!)1990年代には50歳代でしたから、大学教員としてゼミ生に影響力をふるっていた可能性があります。そのゼミ生が、いまや40代です。マルクス主義的発想・口調が無反省に受け継がれちゃってる可能性は、けっこうあります。いま20代のゼミ生がBLを研究題材に取り上げると、自分の指導教員をすごい勢いで批判することになる可能性もあるので留...

創作ファンは国民の一部にすぎません。

 17, 2017   -

 17, 2017
シングル養子育児をイメージできていますか?

養護施設から引き取られた児が里親の愛情を確かめるために、わざといたずらしたり、食卓を汚したりということがあるそうです。決して怒らず、しんぼうづよく付き合うのが基本です。彼(女)らが立派にひとり立ちできることの支援として世話をするのですから、いずれ基礎的な躾として「たしなめる」ということはあるでしょうが、「何回言ったら分かるの!」ではなく、百回でも千回でも穏やかな声で言ってやってください。割れた皿を...

シングル養子育児をイメージできていますか?

 17, 2017   -