21, 2017
同人はフェミとは別だから、自分で責任持ちましょうって話です。

心構えを説く記事なので「いますぐ責任とってどうこうしろ」という話ではないですから、まず落ち着いてください。おまけ付きなので、ゆっくり御覧ください。さて。二次創作BLは、二つの問題を抱えています。二次創作の部分と、BLの部分。つまり、著作権と、同性愛差別です。どちらについても、作者・読者を弁護することは可能です。ただし論拠が違うのです。確か黒澤映画『醜聞』に「誰であっても弁護する」という法律家が登場...

同人はフェミとは別だから、自分で責任持ちましょうって話です。

 21, 2017   -

 21, 2017
被害者意識を優先する自分自身を見切りましょう。

1960年代には、まだ芸妓を描いた映画も多いですし、ギャング映画ではストリップティーズが映し出されておりますね。とすれば、当時の男性が「女性は性的娯楽産業で充分にかせぐことができるから、なにも男とおなじ現場に入って苦労することはない」ということもあったでしょう。毎日きれいに化粧して、いい着物を着て、お酒を飲みながら野球拳か何かしてるだけで、パトロンをつかまえて店を持たせてもらったり、一生遊んで暮らした...

被害者意識を優先する自分自身を見切りましょう。

 21, 2017   -

 21, 2017
同人とLGBTの人権運動を混同してはいけません。

まず、経緯を説明する必要があるんですが「1990年代には多くの同人・BLファンが成人していたはずだ」って申したんですよ。ちょうどその年代にゲイコミュニティから「やおい」には困るという苦情を訴えた文書が何通か発送されたという話があるからです。いっぽう、その当時の社会学者などは「やおい少女」というものばかり話題にしていたのです。当方は、それに違和感を覚えるものです。そもそも「やおい」というのは、本来は今で...

同人とLGBTの人権運動を混同してはいけません。

 21, 2017   -

 21, 2017
女性が戦争を話題にする時は。

映画や小説などの創作物の話題であれば、軍艦行進曲の響きに乗って、愛国心の雰囲気に浸る権利があると申せましょう。たとえ百円でも対価を支払ってソフトを手に入れたわけですしね。(※きちんと対価を支払いましょう)けれども、根本のところでは、実際に夫をなくした妻、息子をなくした母、兄弟をなくした姉妹の悲しみに同調するという、女心を忘れるべきではないだろうと思います。戦没者の戦友たちは「立派に戦って、万歳とい...

女性が戦争を話題にする時は。

 21, 2017   -

 21, 2017
文芸派と漫画派では、BL認識がちがうのです。

古来より、男性の作家・詩人がナルシシズム的高揚感をもって少年美を表現した文芸作品はいくつかあって、その鑑賞から何が生まれるかは、読者によりますけれども……一つあり得るのは「モデルがいたのかしら?」という疑問。そこから、詩人がモデルを見出した瞬間の物語。詩人を主人公に「その年の夏、私は知人の招きによって高原の別荘地に出かけ……」なんて具合に始まるわけです。そして朝靄のなかで若木の精のような美少年に出会っ...

文芸派と漫画派では、BL認識がちがうのです。

 21, 2017   -

 21, 2017
ベルサイユのばらとガラスの仮面の陰で、少女漫画家は悩んでいる。

1970年代から1980年代の少女向け漫画を思い起こすに(単純に懐かしがってるんですが)、女流漫画家たちが青年の姿を描くことを楽しんでいたように思います。ヒロインは読者に合わせて16歳くらいに設定されているわけですが、当然ながら世間がせまく、ちいさなことで悩んでいる。彼女の相手役として高校の上級生または大学生の青年が設定されており、彼には同世代の同性の友人がいて、ヒロインのいないところで彼ら同士が会話する姿...

ベルサイユのばらとガラスの仮面の陰で、少女漫画家は悩んでいる。

 21, 2017   -

 20, 2017
本来の女性向け女流創作物と、BLの皮肉の本質。

有吉佐和子『香華』に見られるように、男性の行動として「15歳の半玉を水揚げする(権利をカネで買う)」ということがあるなら、単純に逆転させれば「父親または夫の遺産をうなるほど持っている中年女性が16歳の若衆を身請けする」というのが正しいですね。それが本当に歳をとって、要介護ということになったとき、かつての美少年が40歳の介護者となってくれるのか、それとも「あんたのせいで俺の人生は台無しだ」といって出て行っ...

本来の女性向け女流創作物と、BLの皮肉の本質。

 20, 2017   -

 20, 2017
少女は差別されやすいという社会学者自身が、少女差別を助長している。

そもそもBLとは「男って美少年を見ると我慢できなくなっちゃうんでしょ?」という女性自身の男性理解を表現しているわけです。それを「男性をいやがらせてやるために、わざと書いている」と言えば、おとなのフェミニストによる復讐となります。「ステレオタイプを利用して自分自身の美少年に対する性的関心を表現している」または「実利だけを狙っている」と(バカ正直に)言えば、同人寄りとなります。一見すると違う理論のよう...

少女は差別されやすいという社会学者自身が、少女差別を助長している。

 20, 2017   -

 20, 2017
欧米流フェミニズム批評は、日本へ輸入すると「甘えの構造」にすり替わる。

日本の観客というのは、男優が女役を演じることを「男性中心社会に対するブラックジョークだ」と思って、せせら笑いながら眺めてきたわけではないのです。男性が、たゆまぬ鍛錬によって、本来の自分を抑えて、上手に女性の真似ができるようになった。それを素晴らしいことだと思って、拍手と掛け声(と、おひねり)を送って来たのです。そういう国で特殊な創作物が流行する現象に、キリスト教的欧米流フェミニズム理論を当てはめる...

欧米流フェミニズム批評は、日本へ輸入すると「甘えの構造」にすり替わる。

 20, 2017   -

 20, 2017
映画監督たちが「その道」に言及したのは。

映画監督たちが、軍隊における「その道」の存在に言及したのは、戦争を諷刺し、軍隊の非人間性を批判するためですね。なにも「ストレート社会から同性愛者を発見し、排斥しろ」というプロパガンダのつもりではないですね?事実として、映画・芸能の世界では、昔から「その道の人もいる」という認識が共有されて来ました。監督たちは「ここらでそういう連中を一掃しよう」と呼びかけているのではなく、あくまで戦争批判の一環です。...

映画監督たちが「その道」に言及したのは。

 20, 2017   -

 20, 2017
じつは東映任侠映画は、女性に優しい。

男女の濡れ場が描かれないのです。鶴田浩二のファンに年齢の高い女性がいた(だろう)ことと、高倉健を潔癖な少年性のうちに留めておきたいという男性ファンの心情が反映されていたかと思います。藤純子がプロデューサーの娘なので、あまり無理させなかったという事情もあったかとは思われますが、ほかの女優を使って撮ることもできたはずなので、全体として「そっちには流れない」という製作陣の意思統一があったのでしょう。物語...

じつは東映任侠映画は、女性に優しい。

 20, 2017   -

 20, 2017
親子関係の不満を、そのまま描けばいいのです。

もし若い女性が「男は理想のままに生きて名声を遺し、女は家族の世話に明け暮れる」という社会に不満があるなら、その気持ちをそのまま描けばいいのです。自分と同世代の少女(または若い成人)を主人公に、母親とこういうシチュエーションで喧嘩して悔しかったとか、男からこういうことを言われたが私たち女の子に対して失礼よとか、そういう気持ちをそのまま台詞にすればいいのです。「お母さんは古い!」とか「男なんて!」とか...

親子関係の不満を、そのまま描けばいいのです。

 20, 2017   -

 14, 2017
1983年9月、木下恵介『この子を残して』松竹・ホリ企画

汝の剣を、鞘に収めよ。製作:笹井英男・東條あきら・金沢博・斉藤守恒 原作:永井隆(中央出版社刊) 脚本:山田太一・木下恵介 撮影:岡崎宏三 美術:芳野尹孝 音楽:木下忠司 録音:島田満 編集:杉原よ志 照明:佐久間丈彦 特撮:成田亨 日本の自然。日本の雀。日本の母。母の母。日本の子ども。日本の父。浦上の鐘。この子を残して、世を去る前に、語り継がねばならぬことがある。キリスト教が息づく長崎。聖母子に...

1983年9月、木下恵介『この子を残して』松竹・ホリ企画

 14, 2017   -

 14, 2017
1983年6月、舛田利雄『日本海大海戦 海ゆかば』東映東京

大日本帝国海軍、万歳。脚本:笠原和夫 撮影:飯村雅彦 特技監督:中野昭慶 美術:北川弘 録音:宗方弘好 照明:小林芳雄 助監督:蔦林淳望 編集:西東清明 音響効果:原尚 音楽:伊部晴美 トランペット独奏:羽鳥幸次1983年の時点で東映が三船敏郎を使って対馬沖海戦を撮る意味について小一時間……『二百三高地』の続篇ですが、さすが東映(と笠原さんと舛田さん)は男心をよく知っておりました。中野を迎えた特技・飯村...

1983年6月、舛田利雄『日本海大海戦 海ゆかば』東映東京

 14, 2017   -

 14, 2017
1981年1月、蔵原惟繕・深作欣二『青春の門』東映京都

バカも利口も命は一つたい。原作:五木寛之(講談社刊「青春の門」筑豊篇より) 脚本:野上龍雄 撮影:仲沢半次郎・中島徹 照明:増田悦章・海地栄 美術:井川徳道・内田欣也・小林勝美 音楽:山崎ハコ 編曲:石田勝範 お久しぶりの東映映画。親父は戦前のヒーローだった。戦後のぼくらはとっても小さい。でも、心意気だけは受け継いだ。美しい義母。やや野暮ったいながらも愛らしい幼馴染。都会的な女教師。男のロマンここ...

1981年1月、蔵原惟繕・深作欣二『青春の門』東映京都

 14, 2017   -

 14, 2017
1970年4月、篠田正浩『無頼漢』東宝・にんじんくらぶ

俺を斬ったら江戸がつまらなくなる。製作:藤本眞澄・若槻安重 原作:河竹黙阿弥 脚本:寺山修司 撮影:岡崎宏三 美術:戸田重昌 録音:西崎英雄 音楽:佐藤勝 編集:杉原よ志 照明:榊原康介 調度:高津年晴 衣装:上野芳生 風俗構成:林美一さぁさぁお代は見てのお帰り。歌舞伎とジャズが好きなお客さまは寄ってらっしゃい見てらっしゃい。一揆と百鬼夜行。選ぶならどっち!?市川版雪之丞を観ていたら、どうも篠田さん...

1970年4月、篠田正浩『無頼漢』東宝・にんじんくらぶ

 14, 2017   -

 14, 2017
1959年11月、小津安二郎『浮草』大映東京

製作:永田雅一 脚本:野田高梧・小津安二郎 撮影:宮川一夫 美術:下河原友雄 音楽:斎藤高順 録音:須田武雄 照明:伊藤幸夫 色彩技術:田中省三 昭和三十四年度芸術祭参加作品。成駒屋が的確に演じる売れない旅芸人。映画は大映。大映なんですよ。道理で松竹ソフトと一緒に並んでないわけです。オンラインで観られる時代でよかったです。100円じゃなかったけど。で、大映カラーで宮川カメラでお送りする小津ロマン。潮...

1959年11月、小津安二郎『浮草』大映東京

 14, 2017   -

 13, 2017
日本の権力闘争は入れ子構造。

近代の日本は、鎖国をやめて以来、欧米列強の真似をして正々堂々と戦って勝ったのに、あとから賞品を取り上げられたというような経験を何回かしたもんですから「既得権益をふりかざす権力者に対しては断固として抵抗するぞ。最後は武力だぞ」という反骨精神を保ち続けてきたのです。けれども「原爆にはかないません」ということになったので、戦後は国内の権力者に対して国内の若者が騒ぐということを繰り返したのです。現代では「...

日本の権力闘争は入れ子構造。

 13, 2017   -

 13, 2017
BLは、不思議な成長をしたのです。

1978年創刊のBL専門誌『JUNE』は、小説主体の比較的薄い雑誌で、始めから終わりまで漫画だけが載っているという雑誌ではなかったのです。逆にいうと、少女向け小説専門誌ってものもなかったのです。かつては『少女クラブ』などの雑誌が小説を載せていたわけですが、『リボンの騎士』以来漫画の分量が多くなって、廃刊となり、違う題号を持った漫画専門誌として仕切り直したわけですね。その少女向け漫画専門誌のいくつかにおいて...

BLは、不思議な成長をしたのです。

 13, 2017   -

 13, 2017
同人に反感を持っているのは、バブル崩壊後に成長した若者たちです。

今の時代に同人に反感を持ち、ロリショタはキモい・同人怖いというのは、サブカルに理解のない年寄りではありません。バブル崩壊後に成長した若者たちです。1993年に中学1年生または早生まれの2年生として満13歳を迎えた人がいちばん年上と思えばいいです。1980年生まれ。ちょうどバブル同人(当時18歳前後の出展者だった人々)の10歳下です。今年37歳。それ以下の年齢の人々が、バブル組の優越感と、そのやり方に便乗して「自分...

同人に反感を持っているのは、バブル崩壊後に成長した若者たちです。

 13, 2017   -

 13, 2017
区別したうえで共存するのが多様性の尊重です。

共存を拒む人は、一方の価値観に他方を従わせようとするのです。卑近な例でいうと「BLってゆぅのはみんなエロに決まってるのよ!」って言っちゃう人は、エロくないBLという価値観との共存を拒む人です。その発想は、全体主義であり、マジョリティの横暴です。それを主張する本人が「私もマイノリティだから弱者の連帯できるじゃないですか~~」じゃ困るのです。しかも性的マイノリティ中の最大マジョリティであるゲイにすり寄...

区別したうえで共存するのが多様性の尊重です。

 13, 2017   -

 13, 2017
なぜ、大学で同性愛の講義をすると男子学生が皮肉を言うのか。

女性教員が同性愛に関する講義をしたら、聴講生が見事なレポートを提出したんだけれども、末尾に「こう書けば満足なんだろ?」と皮肉が書き添えてあった。「彼、どうしてあんなこと書いたのかしら?」と、教員自身がおとぼけブログ記事を挙げていたわけなんですけれども……(だいぶ前だから探さなくていいです)日本は、BL・二次創作BLを流行させてしまったことによって、少なくとも一部の女性が実在の性的少数者である男性に面...

なぜ、大学で同性愛の講義をすると男子学生が皮肉を言うのか。

 13, 2017   -

 13, 2017
本当の目的を言っちゃう同人は、学校秀才。

「女性キャラに感情移入できないからといって、男性キャラに感情移入できるとは限らない」というと、「本当の目的はただのエロです!」と言っちゃう人は、けっこういるのです。おそらく学校の成績がよかったタイプです。先生から問題を投げかけられたら手を挙げて発表しなければならないと思っている。「それを聞いてどうしようってんだ?」と疑問に思わない。「滅多なことでは言質を取られるようなことは言わないぞ」と警戒するこ...

本当の目的を言っちゃう同人は、学校秀才。

 13, 2017   -

 12, 2017
同人バブルの崩壊を理解できない人の件。

まず、当方の同人・BL論の意図は、1980年代に生じたプロ作品と「アニパロ」の混同を解消し、プロ作品の価値を再評価して、正しく次世代に継承することです。ご賛同いただければ幸いです。また「BLはポルノだと思われたくない」という若い人々が古い作品を知って「こういうのが読みたかった!」とか「あ、これでいいんだ。これなら自信もって書ける」と思ってくれるといいと思っております。1970年代の作品には、性的な意味で露...

同人バブルの崩壊を理解できない人の件。

 12, 2017   -

 12, 2017
非婚の権利。

日本国憲法において「結婚は両性の合意のみに基づく」とされているのは、親の命令や借金のかたなどという理由で嫌いな男と結婚させられることはない、ということです。男性は、もともと暴力ずくで嫌いな女性のものにされてしまったということが少ないものです。だから、これは女性の人権を守るための措置なのです。御存知の通り、GHQの憲法起草メンバーは左傾しており、若い女性も参加していたそうです。また日本が男性中心・武...

非婚の権利。

 12, 2017   -

 12, 2017
寄る年波を感じたので、負け犬よりマシって言いたかった人の件。

2006年に「腐女子」の思想を解説すると称する書籍が発行されたことがあって、内容が浅はかだったので強い批判を浴びたんですけれども、あれ書いた人は要するに「負け犬よりマシ」のひとことを言いたかったんですね。それまで自由に生きて来たつもりだった(二次創作)BLファンが、急に寄る年波を感じたので、自己弁護したくなったのです。「私はBLが好きですが、差別しないでください」というなら被害者の主張です。人間は平等...

寄る年波を感じたので、負け犬よりマシって言いたかった人の件。

 12, 2017   -

 12, 2017
負け犬は、フェミニズムの遠吠え。

「ほんとうは負けたと思ってないけど、先に自虐してしまえば、あとは安心よ(てへぺろ)」では済まないです。日本には謙譲の美徳があり、甘えの構造があるので、女性がその伝統にのっとって自分から卑下することによって周囲の優越感と同情心をあおり、保身を図っていると言った時点で、言った人が満足してしまいがちです。けれども、問題は、それだけ本人が肩身のせまい思いをしているということです。「独身ばんざい。新時代の女...

負け犬は、フェミニズムの遠吠え。

 12, 2017   -

 12, 2017
女性が性の話題をいやがるのは、自然な本能です。

女性には異性の免疫系を嗅ぎ分ける第三の臭覚があるという説があって、わりと好きな話です。近親姦からは病児が生まれやすいというのは世界中の王家の歴史が証明していることで、女性は自分自身と体質が似ている人と性交しないように、その体臭を不快に感じるんだそうです。女性は自分個人だけではなく、民族を、種を守るための本能を備えている。だから小さな集落内で「親戚だから」という理由で結婚させられていた時代の女性は、...

女性が性の話題をいやがるのは、自然な本能です。

 12, 2017   -

 12, 2017
いやなことを思い出すのは、おまじないだと思えばいいです。

今が幸せだから「またあんなことが起こりませんように」と祈る気持ちが湧いてくるのです。だから、楽しい瞬間にいやなことを思い出してしまった時は、自分に絶望せずに「私、いま幸せなんだ。人生の良い波に乗ってるんだ」と思いましょう。事実として、冷静に自分の身辺を考えてみて、毎晩へんな電話がかかってくるとか、付きまとわれているとか、おカネのトラブルに巻き込まれているとかいうことがなく、非正規ながらも定収入があ...

いやなことを思い出すのは、おまじないだと思えばいいです。

 12, 2017   -

 11, 2017
フェミはBLの役に立つが、BLはフェミの役に立たない。

意外に思われるかもしれませんが、丁寧にご説明いたしますので、ゆっくりおつきあいください。BLは、一見すると、女性から女性性をひっぺがして男性にくっつけたものなので、ジェンダー論っぽいのです。けれども、よ~~く考えるとおかしいのです。たとえば、女形の男性が頭脳プレー担当で、女義賊や馬を乗りこなすお姫様が白兵戦担当で、悪い男に連れて行かれたお母様を助け出すとか、そういう話の時には逆転劇がきれいに成立し...

フェミはBLの役に立つが、BLはフェミの役に立たない。

 11, 2017   -