同性婚を認めても、伝統的な家族の価値観は壊れません。

  03, 2015 10:20
  •  -
  •  -
ストレートカップルの隣に、同性婚カップルが並び立つだけです。

ストレート社会は、女性が男性に嫁ぐことを続ければいいだけです。

じつは、男性が婿に行くことも、ずっと昔から行われています。政済界には、入り婿が岳父の事業を継いだ例がいくつも存在します。いまや「主夫」となって家庭に入る男性も存在します。

彼らは今なお人口の9割強を占めるストレート(異性愛者)であって、彼らが同性婚を横目に見て「うらやましいから俺も」と転向することはありません。

めずらしい青い花が咲くことを認めたからといって、赤い花は枯れません。赤い花が青くなることもありません。同性婚に関する生々しい調査結果が出たようですが、これも話を混同し、勘違いしている例です。

伝統的な家族が崩壊しつつあるのは、ストレートがカップルになりたがらないからです。その原因は景気が上向かないことです。国の借金が大きすぎて、若い世代のために教育費や医療費の完全無料を実施してやることができないからです。LGBTのせいではありません。



Related Entries