記事一覧

水木しげる『のんのんばあとオレ』一、わんばく大戦争の巻

講談社コミックス、1992年11月、第2刷。

ああすっかり洗練されている。日本の漫画界はGペンの「しなり」が生む線の美しさと、ペンで背景を描く技術を維持できるでしょうか。

わんぱく大戦争は、子どもの喧嘩とはいえ命にかかわるようなことまでやってるわけで、本人たちにとっちゃ大変です。お目つけ役の大人はいない。兵隊さんごっこが当たり前だった時代の男児たちは大変でした。

主人公ゲゲ(=しげる本人)の家庭の様子も含めて、本人たちには深刻で、読んでる人にとっては微笑ましい少年時代のエピソードが一通り語られると、美少女登場。この新展開は少年の世界に新しい緊張感を与え、読者をも飽きさせません。

「女はみんなおんなじだ かわいそうなんは自分だけと思いこんぢょる 甘ったれとることがわからんだけん 弱さがうつるわ」
「私の気持ちなんかわかりっこないわ」
「当たり前だ 別人だけん しまいに泣けば男が悪いちゅうことになる ほんとに迷惑だなあ」

いいこと言うね、田舎の小学生。

のんのんばあの含蓄深い人生訓はもとより、ニート気味なインテリぶったお父様のいうこともいい。妖怪は、考えてみるとゲゲ少年が死を意識したときに登場するような気がします。

のんのんばあは近所で身寄りをなくしたのでゲゲんちで引き取ったのです。老人を預かる代わりに働かせる。あるいは働いてもらう口実で、老人を預かる。とうぜん彼女のための食費も必要です。なくなったら葬式の費用を持ってあげるのでしょうか。

この地縁結合がなくなったのが現代社会の問題点……なんていう人は、ご自身が地域にお住まいのご老人を何人知っていますか?

巻末には阿部進が解説を寄せています。悪魔くんと鬼太郎は戦後民主主義的価値観から突き上げをくらったんだそうです。変わってないなァ。でも後年のアニメ鬼太郎は「みんなよい子」路線だと思います。

はしかや結核で初恋の人がはかなくなってしまうことが創作少年の心に翼を与えるわけですが、今の時代にも立派な創作家が生まれるために、子どもたちの間に残酷なまでの喧嘩や肺病が流行すれば良いってことはない。第一巻ラストを飾るのんのんばあの名セリフは、他人が表面的に真似してよいものではない。実体験に基づいた、読者の心を打つ創作というのは、本当にむずかしい時代になってしまったのだろうと思います。

ムリ壁や一旦ゴメンは、もう明らかに水木妖怪を下敷きにしてるわけですが、誰も失礼だとは言わない。いまや古いものから新しいものを生み出すパロディという技法そのもののセンスが問われるのかもしれません。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。