記事一覧

風呂場の鏡でボディチェックしそうな男性を批判する女性。


芸能人などを話題に、さも気持ち悪そうに「やってそう~~」と言う女性。

実際にそのようにしている映像が放映されてしまったのを受けて、「あんなもの見せることないじゃない」と批判しているのではないのです。勝手に想像をふくらませて、勝手に批判している。

男性ナルシシズムを嘲笑してやったつもりで、自分の脳内をさらしてしまうことになるので気をつけましょう。

これ、立場を反対にしてみると簡単に分かるので、「ああいう女って自分の裸を鏡に映してそう」という男性がいたら、彼自身が「なに考えてんのよ!」って叱られるはずです。

女性は自分を棚に挙げて、女の口から男性を批判しても叱られないと思い込んでいることがあります。

【女性ナルシシズム。】

芸能人であれば、ボディチェックは仕事のうちです。古代をテーマにした映画・演劇の役をもらえるかもしれないし、サプリやエステの広告が来るかもしれない。

そういうふうに考えて「仕事に前向き」と高評価するのではなく、「自分に酔っている。もっと女性に興味を持ってくれなければダメよ」と批判するのであれば、要するに「私を構ってほしい」という女性ナルシシズムの表現です。

特にインタビュアーが女性だと、答えるほうもついつい「ガールズトーク」をしている気分になりがちです。

が、インタビューを企画したプロデューサー・放送作家といった人々は男性が多いですから、女どもの赤裸々なガールズトークを聞いてみたいという好奇心、およびそれを利用して「数字」をかせごうという野心があると思えばよいでしょう。

インタビュー結果だって、面白くないものは採用されないわけで、わざわざ採用されたなら「こっちの思惑通りの発言をしてくれる女がいたぜ」ってことです。つまり、男性を批判してやったつもりで、女性のほうがネタにされているわけです。

思い起こせば1970年代、ベトナム帰還兵を風刺的に描いた『タクシードライバー』などの映画によって、男性自身が「男の自己顕示欲ってのは厄介なものだ」と批判するようになったのでした。

1980年代には、女性がそれを露骨に真似するようになった。「男って単純よね! 男ってナルシストよね! 男って自分勝手よね!」

でも、そういうわけで諸刃の剣です。

もっとも、女性のほうにも「女がガールズトークするのは当たり前じゃないの。遠慮することはないわ。聞かせてやればいいのよ!」という達観した意見があるかもしれません。

自分と同じ意見が全国放送から聞こえてきて喜ぶ女性も実際にいるでしょう。この場合、あとになって「男のくせにガールズトークに首つっこんじゃダメよ」とは言えません。

イケメンを紹介するテレビ番組というのは、本当にネタにされているのは、女性の性欲です。

了解したうえで「男性が聞きたがっていることを聞かせてあげる」というサービス精神を発揮できるなら、大人の対応といえるでしょうが……

聞かせ過ぎると、番組自体が男女双方から見放されることになります。テレビ視聴者は、性的な話題を好む人ばかりではないからです。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。