記事一覧

『300』のメイキング風景。


クロマキマキマキ。ブルーシートの上に裸のお兄さんがいっぱい。変な現場だなァ……

でも、あの肉体美が本物であることがよく分かります。あと、機材でいっぱいのすごく狭い空間で殺陣を演じている。細かく撮って、ていねいにつなぎ合わせるですね。先立って、原作コミックに基づくストーリーボード(絵コンテ)が入念に描かれているのでしょう。

テレビのトーク番組(ダウンタウンがホスト役)で、志村けんと坂上忍が現代のテレビ撮影現場に対して「役者が演技する前にカメラ割りが出来てるのはおかしい」と、昔ながらの俳優魂を燃やしていたのですが、この映画は正反対のアプローチのようです。その作り物っぽさが売りなのは云うまでもありません。

もしかしたら、日本の特撮・アニメの技術が影響を与えているのかもしれないけれど、日本はそれについて何も受け取っちゃいないはず。押井守の映画作品がキアヌ・リーブス主演映画に影響を与えたことは知ってる人は知ってるけれど、彼はそれについて何も受け取っちゃいないはず。

「コピー商法は許さん」という彼の怒りは、そうとう根深いものなのかもしれないな……などと、『300』そのものとは特に関係ない感慨にふけったりしたことでした。

あるいは、日本はディズニーという帝国を、よく300人(よりはもうちょっといるかもしれない練馬アニメーター軍団)で防いでいるのかもしれません。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。