記事一覧

1966年9月、マキノ雅弘『日本侠客伝 雷門の決斗』東映京都

あいにく俺ァ素人なんでね。損得の勘定はこれから勉強するとこだ。

脚本:野上龍雄・笠原和夫 撮影:山岸長樹 照明:北口光三郎 美術:川島泰三 音楽:斉藤一郎 助監督:清水彰

シリーズ屈指の名作。 って毎回云ってますが、演出力がぐんぐん上がって行くのです。今回は本当にすごいです。なお、主題歌がリニューアルしました。

大正15年、夏。古き良き浅草、六区芸能界。マキノ的俯瞰の構図から始まって、世界観と対立の構図を示す「プロローグ」にあたる開始20分間の見せ方が良く、内田朝雄と島田正吾のツーショットの渋みにのけぞりつつ、待田京介の赤い蹴出しが目に沁みる。(器用な役者です)

芝居小屋の話なので女優の登場も多く、雰囲気が明るく、当時の往来の賑わいや、リハーサル風景まで再現する風俗描写が貴重です。

主人公は例によって海へ出ていたらしいです。立派な体格とともに藤純子(今日は可愛い子ぶりっこ演技)とのラブラブっぷりを惜しみなく披露しております。

悪役は水島道太郎が天津敏を連れて。喪服の中に二人だけ白いものを着た演出がにくいです。

藤山寛美はコメディ属性ではなく、いいこと云う役です。今回は鶴田がいなくて、長門裕之が色男属性。村田英雄が泣かせます。オールスター状態、しかも無駄なく引き締まって心地よい。女たちが気風を見せるところも嬉しい。エキストラ大量動員は監督の得意技で、今回も冴えておりました。

最終殴りこみに至る情感の深まり具合は(今んとこ)他の追随を許しません。物語の良さは野上龍雄に帰して良いでしょうか。

明らかに『人生劇場』の要素を取り入れておりますが、これは「リスペクト」と云うのです。同路線の中では最も美しく決まった一本ではないかと思われます。健&純子のロマンスの幕切れも美しいものです。

花のほかには、待つばかり。


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。