心理学関係者が絶対に言ってはいけないこと。

  13, 2016 10:21
  •  -
  •  -
「なんだよ! 心配してやったのに!」

自分の特技を活かして、相手から感謝の言葉を引き出したいので、特定個人に粘着し、なにくれとなくアドバイスしてやったところ、先方から煙たがられて「もう結構です」と断られた。すると怒鳴りつける。

これは、心理学関係者には「あってはならないこと」です。

他者貢献は、最終的には自分が生きがいを感じるためであって、自己満足すること自体は良いことなんですが、手段を間違えてはいけません。

ジョークのつもりだったとしたら、なおのこと問題です。あってはならないことを、わざとやっておいて「あとで冗談だったと言えばいいや」という計算が働いていたということだからです。

これは、凶悪犯罪を起こしておいて、自分から「心神耗弱により無罪」を主張する犯人と、発想が同じです。

Related Entries