記事一覧

BLにも恩人がいます。

日本でウーマンリブ大会が開かれたのは1970年11月。三島由紀夫が市ヶ谷へ突入したのと同年同月です。

1971年8月には、不世出の美少年子役ビョルン・アンドレセンが映画『ベニスに死す』公開キャンペーンで来日してテレビ出演し、日本の女流漫画家たちに多大なインパクトを与えました。

1972年4月には川端康成が魂のトンネルを抜けて行きました。このとき、男性ナルシシズムに支えられた純文学上の「耽美」は死んだと云えるでしょう。萩尾望都『ポーの一族』の発表が始まったのは、この年の半ばです。

1973年以降は、オイルショック不況となりました。印刷用紙が不足し、漫画雑誌もページ数削減などの対応を余儀なくされました。ふつうに考えりゃ、読者の少なそうな漫画なんて新規に連載させてる場合じゃないです。

が、この時にあって「少女が主人公ではない少女漫画」という不思議なものの誌上公開が続々と許されたということは、出版社が女性パワーに賭けたのです。この当時の編集者も社長も男性です。

それを読んだ結果「目覚めて」、アニパロを描くようになったというなら、二次創作BLファンが「アメリカにも、ウーマンリブ運動にも、男性にも、なんの恩義もないわ」ということはできません。

出版社が二十四年組の原稿を「女のくせに」と一蹴していれば、その後の展開はなかったのです。実際に売れるかどうかは、売ってみるまで分からないのですから、公開前に決断を下してくれた男性陣には足を向けて寝られないというべきでしょう。

1961年までさかのぼっても、森茉莉の作品が世に出たのは、新潮社が通したからです。推薦文を書いたのは三島由紀夫でした。

この時点で、すでに女性だけで「ノヴェル・マーケット」が立ち上げられており、アニパロ小説がブームになっていたというなら立派なものです。

あなたはその時どこにいましたか? まだ生まれていませんでしたか? だったら、えらそうなことは云えません。

現在のBLの源流とされる有名な女流作品というのは、同人誌として流布したものではないのです。多くの人に影響を与え、同人活動を活発化させたものとして挙げられるのは、やはりプロ作品で、それは出版社を通っているのです。

しかも、成人女性による婦人運動・女権運動が盛んになった後に、BLの時代が来たのです。なにもないところから、とつぜん少女たちだけで始めたわけではありません。

同人活動の自治を主張したい気持ちは分かりますが、歴史を否定してはいけません。それはひじょうに危険な全体主義に通じる発想です。

多くの女性は、自分に政治的決定力があると思っていませんから、全体主義は危険といわれても、何が危険なのか分からない。

でも、何ごとも自分を基準に、自分の都合に合わせて世界のほうをねじ曲げようとする心は、周囲の敬遠を招き、自分自身を孤立させるのです。


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。