記事一覧

同人活動は非行ではありません。

読んでくださる皆様のために、コツコツと原稿を仕上げることです。印刷所への入稿期限を守ることです。コミケ準備委員会に協力し、自治体・鉄道会社・警察との約束を守ることです。

わざと悪い言葉を使うことではありません。プロの悪口を言うことでもありません。仲間を差別することでもありません。他の「クラスタ」を笑いものにすることでもありません。書いた人自身がいちばん興奮してしまわなくてよいのです。

人生の早いうちから加虐趣味のBLに親しんでしまった人は、それによって興奮することが条件反射になっているので、BLとかアニパロとか同人とかいう言葉を聞いた(文字を見た)だけで極度に興奮してしまうことがあります。

もちろん、周囲のフォロワーさんはドン引きです。

もともと当方の同人・BL論は、その本質を的確に理解し、危険性を覚悟した上で、落ち着いて楽しみましょうと呼びかけるものです。「酒は飲んでも飲まれるな」みたいなものです。

そのために、わざわざ古いところへさかのぼっているのです。歴史を確認する必要があるからです。本質が純文学のアレンジであり、創作物から創作物を発想するという技法に過ぎないことが分かれば、実在の同性志向者・性別違和者に迷惑をかける確率が減るでしょう。

同時に、著作権者への礼儀・鉄道利用の際のマナーなども何度か注意喚起している通りです。

著作権者に対しては「著作者人格権の行使を待ってください」ということが可能です。成人として話し合うことが可能です。わざと悪びれなくていいのです。

【1978年の急発進】

「パロディ同人活動は女性のほうが先で、あとから男が真似をした」という話がありますが、アニメ番組に登場する女性キャラクターに性愛的関心を持つことは1970年代の早い時点で男性から始まっています。少女キャラクター趣味は手塚治虫までさかのぼることができるといってよいでしょう。

アニメに限っても、長浜忠夫アニメ番組に登場する金髪男性キャラクターに女性ファンがつく現象と、宮崎駿アニメ番組に登場する少女キャラクターに男性ファンがつく現象は同時期に起きています。端的には1978年。この年は西崎義展アニメ映画が邦画史上に金字塔を打ち立てた年です。

アニパロの隆盛は、アニメファンの「遊び心」と、昔ながらの漫画同人のルサンチマンを両輪として、1978年頃から走り出し、貿易黒字(による子どものお小遣いの増加)というターボチャージャーを得て、急激に加速したのです。

それがハイスピード過ぎたために、社会からの批判も強いわけで、またそれによって当事者が不良っぽい気分になって興奮してしまうということがあり、鉄道駅の構内を走り回るとか、街頭で奇声を発するとかの異常行動を生んでいるわけです。

でも、少なくとも出展を考えている人・読み続けたい人であれば「公共の場で悪ふざけの度が過ぎると規制されますよ」という話を聞けるはずです。

【ルサンチマン先輩】

逆にいえば、やたらと興奮して、いかにも自分と仲間が悪いことばかりしていたかのように宣伝する人は、じつはコミケをつぶしたい人です。現役を困らせてやりたい人です。

じつは1990年代に市販漫画の有害図書指定運動が起きたとき、勝手に「同人誌もやばい」と思って自分から逃げただけなのです。だって実際にはPTAが同人誌即売会を巡検・同人誌を摘発したことはありません。著作権問題で告訴が相次ぎ、同人活動が壊滅したという歴史もありません。

第一、栗本薫と売上高を比べたくなるような小説を書いていた人にとって、漫画の有害図書指定は関係ありません。「コミック」マーケットへ自分勝手に「ノベル」を出品して、コミケ通のような気分になっていただけです。

それが勝手に逃げておいて、後になって「だまされた」と思うから、当時の同人の悪口を言いたがるのです。

同人やっても構いません。新宿二丁目も(女性に許される範囲なら)行ったって構いません。でも失敗した後で責任転嫁するのはやめましょう。


Related Entries

Benri-navi

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。