ゲイは女の甘えを許しません。

  13, 2016 10:22
  •  -
  •  -
同人に限らず女性一般が気をつけるべきこと。




「姑がうるさくて困る」「姑さんの先手を取って立派な嫁になりなさい」

「どおしてアイドルが恋愛しちゃいけないの?(泣)」「自分で選んだ道だろ」

前者が女の言い草。後者がゲイの見事な切り返しです。ありていにいって、一般男性も腹の底で思っているけれども、女性に遠慮して言わずにいることを、スパーンと言ってしまうのが同性志向の男性です。なぜか?

女の機嫌を取る必要がないからです。

彼らは女の可愛い子ぶりっこ・弱者ぶりっこに対して「俺が悪かった」と思う筋合いがありません。女性が結婚しない自由は憲法で保障されていますが、彼らが結婚する自由は保障されていないからです。

今なお自分自身の心身について自己決定権と幸福追求権を侵害され続けているのが彼らです。彼らは「他人を変えることはできない」ことを骨身に沁みて知っています。

彼らがどれほど要求しても、ストレートは考えを変えてくれないからです。

うるさい姑がいることを承知で嫁に行くのも、倫理基準が厳しいのを承知でアイドルになるオーディションを受けるのも、女性の自由です。

ゲイから見れば、女性は「弱者ぶりっこすることさえ許されている」という、120パーセントの自由を楽しむ強者であり、憎むべき権力者です。

だから、女性が「ゲイは女っぽいから、女の子の甘えたい気持ちを理解して甘えさせてくれる優しい男性なのよ。弱者同士の連帯できるのよ♪」って思っちゃうと、火傷します。気をつけましょう。



Related Entries