Misha's Casket

ARTICLE PAGE

1959年11月、市川崑『野火』大映

俺が食ったんじゃないぞ。

製作:永田雅一 原作:大岡昇平 脚本:和田夏十 撮影:小林節雄 録音:西井憲一 美術:柴田篤二 照明:米山勇 特殊撮影:的場徹 音楽:芥川也寸志 助監督:弓削太郎

昭和三十四年度芸術祭参加作品。グダグダ南方戦線の変てこりん決死行。徹底的諷刺目線による極限的戦場私小説。開始後しばらくたっても話が見えないっていうか、話などない。音楽だけが無駄に壮大に。

塩は、ときに感涙を生ぜしめる御馳走となります。これは経験した人じゃないと分からないですね……。

『地獄の黙示録』(1979年)に先んじること20年、『戦場にかける橋』(1957年)よりは、ちょっと後。敗戦国リアリズムは半端なくありました。非人間的とはよく言いますが、人間じゃなきゃわざわざこんなことしないのです。

眼を覆うばかりと言うべきなんでしょうが、あくまで実録ではなく映画ですから、作りこみの徹底ぶりに「むしろ爽やかな感動を呼ぶ」とさえ言えるかもしれません。(皮肉でも言わないことにはやりきれない)

時々たいへん効果的な編集技が見られますが、まだ金田一シリーズほど変わったことをしておらず、むしろ「ワンシーンワンカット」的なじっくり感が観られます。それがかえって、題材が題材なだけに、ドライな諷刺目線に感じられるのでした。

もし、これで音楽が無駄に壮大でなかったら、もう本当に淡々とリアルすぎて観ていられないのかもしれません。また、主演の二人がやや日本人離れのした顔立ちであることによって、フィクション性を高めてあることが、映画として成り立たせるうえで重要なんじゃないかと思います。

なお、市川監督は当初「発声漫画部」にいたんだそうで、アニメーションの作り方を学んだらしいです。なるほど。

そして思うに、これを撮れるようになるには、心身ともに回復して、もはや戦後ではないと言える余裕を生じる必要があったのでした。


Related Entries