記事一覧

本年もよろしく諸注意お願い申し上げます。

皆様よいお年をお迎えのことと存じます。本年もよろしくお願い申し上げます。昨年に引き続き、映画等の鑑賞記と、特殊な創作分野に言及することの二本立てになりそうです。ときどき現実の社会問題に疑問・苦言を呈するということもございます。

わざと特殊分野の話題につなげて行くつもりで映画を観ているのではないのですが、映画に表現された社会問題から、女権運動の負の側面を連想することは多うございます。以下、諸注意を申し上げます。

個々の同人名・サークル名に言及することはありません。同人にも著作者人格権があります。インターネット掲示板に投稿された文章も、流行語や決まり文句ではなく、個性が認められるものには著作権があります。

LGBTブログおよびSNS上の発言を参考にすることがありますが、そちらが炎上するといけないので、リンクは貼りません。

おおきな目的は、粗雑なアマチュア作品と混同されてしまったプロ創作家の名誉回復、および新宿二丁目という行政区名に象徴される実在ゲイコミュニティの人権被害軽減です。

一部のフェミニストの先入観に基づく同人・BL弁護が、一部の同人およびBLファンに影響を与え、社会的に不適切な言動を生じやすくしていることを危惧しております。

なお「BL」という単語の用法につきましては、当ブログの目次(カテゴリ)内、「同人・BL論閲覧前注意」を御覧ください。

すでに退官した社会学者などを引きずり出して弁明させる必要はありません。現役の先生および次世代(ゼミ生など)が参考にしてくだされば幸いです。

「自分の同人誌が売れなくなった」という怨恨をかかえる引退者が、プロ創作家・プロになった同人仲間の悪口を言ったり、現役同人を名指しでおとしいれようとしたりすることもありますが、これも参考程度に留めましょう。真似する必要はありません。

というわけで、言及できる要素が少ないことと、ブログ記事の特質上、独立して読めることを目的に、過去記事と内容が重複する文章も多うございます。あらかじめご了承くださいませ。

異論・反論は通読の上、ご自身のブログ等に挙げてくだされば充分にございます。ひと言コメント合戦は、サーバーの負担でしかありません。

理があれば、義に感じてくださる方もありましょう。助太刀は各人の自発により、少しずつ増えるものであって、自分から「だってみんなゆってるよ」などと他人に責任転嫁するものではありません。

アマチュアの皆様、とくに著作権問題を抱えている方は、あわてて自分のアカウントからクレームしないようにご注意ください。とくに顔出しアカウントから権利問題にルーズであることを表明してしまうことは、現在の職場において致命的です。

著作権問題は克服されたのではありません。原作者は総理大臣によって著作者人格権を剥奪されたのではありません。いまなお著作権者は著作権者です。

冷静な成人同士が個人の権利において話し合うことができることが、国家の介入を拒否できる前提です。

民主主義においては、国民の権利が国家の権利に優先し、国民の行動が国家の恣意的な法律(ルール)によって制限されないからこそ、国民における礼儀(マナー)の遵守が必要です。

同人やってると頭がおかしくなる・人の話を聞かなくなる・不適切言動が多くなると思われてしまえば、神の一手ではなく規制に一歩近づくのです。

すなわち「プロはBLを書いてもいいが、同人活動はアウト」という法律が出来てしまうだけです。国家は国民を非行化から守らなければならないからです。

国家が国民の行動を制限する(=法律を作る)時には「危ないから」というのが大義名分になるのです。もう、お子様ごっこが通用する時代ではありません。誰よりも自分自身にお気をつけください。

(と、振りかぶった上で、本日はほぼ鑑賞記だけです。)


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。