記事一覧

1937年8月、山中貞雄『人情紙風船』東宝

出雲の神様に縄張りァございませんからね。

脚本:三村伸太郎 撮影:三村明 録音:安恵重遠 音楽:太田忠 美術考証:岩田専太郎

二.二六事件の翌年に撮られた時代劇。実際の世相とも重なる明日が見えない貧乏暮らしを完全再現する手法はかなり贅沢かつ高踏的。ときに監督、二十八歳。

町人パワー炸裂する長屋描写は大掛かりなセットを活かしたスーパーリアリズム。ちょっと珍しい角度から狙った、ドキッとするような構図がいっぱいです。

美術考証が入ってる通りで、生活用品がなにげなく置いてある様子に規格外れの美意識が感じられます。

物語は、髪結いのくせに本職をまじめにやらずに盆ござ敷いてる奴と、その長屋仲間の素浪人をダブルヒーロー(?)として、仇討ちもチャンバラもなく、のんびりめに進行する日常ドラマですが、わざとカメラを人物から外してみたり、板戸越しに喧嘩の声だけ響かせてみたり、急な雨に降られて行き交う人々を遠くから撮ってみたり。

映画ならではの斬新な演出の数々が観られます。お国のためとはいえ、惜しい人をなくしました。なお画質は例外的なほど良いようです。

観客におもねらない結末のつけ方には、監督の若さに相応しい冷たい知性を感じますけれども、それでもこういう話は観客に対して「あなたならどうする?」という問いかけが含まれているわけで、やっぱり良心に訴えるものと言っていいのだろうと思われます。

なお歌舞伎役者と宝塚女優という美男美女による眼に優しいロマンスも観られます。あの二人じゃ、その後どうなったかなァ。



Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。