2017/01/10

ゲイ・レズビアンとお付き合いする時は、真逆の発想が必要です。

「男同士って結婚できないから可哀想。一緒に泣いてあげるわ」じゃダメなのです。彼らは結婚してハッピーになりたいのです。

男同士の愛に将来性がなく、切ないのは、あなた自身が彼らを差別しているからです。彼らが不幸なのは、あなたのせいです。

ストレート女性が彼らのためにできることは、観光気分でゲイバーへ行くことではなく、自分自身の職場や学校でストレート仲間に向かって頭を下げて「これ以上あの人たちを差別しないでやってください」と言うことです。

自分自身の子どもや、教員として児童生徒を育て、同性志向者たちを差別しないことを教えることです。

医師や弁護士になって彼らのために働くことです。政治家や企業経営者になって彼らの配偶者控除を認めてやることです。自分の愚痴を聞いてもらうことではありません。

彼らと共闘するために必要なことは、可哀想ごっこではありません。不幸自慢ではありません。「母親のせいで結婚できなかった」という言い訳は、ストレートに対して言うことです。

それ言ってるかぎり、他のストレート女性の皆さんから「お母さんが悪い人だったなんて可哀想~~」と言われ続けるに決まってます。

本当は可哀想と言ってもらいたいだけと言われたくなければ、発想を転換しましょう。

ゲイに向かって、あるいはゲイと共闘する者として一般社会に向かって言うなら「自分の選んだ道を貫いているので幸せです。絶対に結婚する気はないのでお節介を焼かないでください」です。

「もし上手なカウンセラーの先生に出会って、トラウマを克服することが出来たら、結婚してみたいわ~~」と思っているなら新宿二丁目を出ましょう。

ストレート女性が若くて可愛い顔したゲイだけ見物するために新宿二丁目へ押しかける現象については、レズビアンから批判の声が挙がっています。おなじ女性だから「ノンセク」女子の気持ちを分かってくれるというわけではないのです。

トランスFtoMは、彼氏がいなくてつまらないので「男に生まれればよかった~~」と言っている女子ではありません。生まれながらの男性です。彼らは生物的女性心理における「甘えの構造」が大嫌いです。

たまには気のいいゲイボーイさんもいますが、女性のほうで図に乗ってはいけません。彼らに対して、ストレート男性に対するのと同じ「甘え」も「女の武器」も「弱者特権」も通用しません。

女性が結婚しない自由は、昭和22年5月3日から施行された日本国憲法で保障されていますが、男同士・女同士が結婚する自由は保障されていません。彼(女)らのほうが弱者です。

フェミニストは、男性同士が「パパ、ママ」と呼び合うのを聞いて、すごく怒ることがあります。「実際の職業と育児の両立の苦労も知らないくせに、ままごとしてんじゃないよ!」って。

だったら、彼らを結婚させてやって、養子を取ることを認めてやって、育児させてやればいいです。

おそらく、男同士のほうが、上手に家事・育児を分担するでしょう。女性には、なんのメリットもありません。

だからといって、彼らの結婚を認めないというのであれば、フェミニスト自身が差別加害者なだけです。

ストレート女性が彼らと「連帯」したいなら、自分自身が「ノンセク」であろうが、なかろうが、数十万人の女性署名を集めて、彼らの幸せのために政府・自治体を動かしたというのでなければ彼らにとって無意味です。

彼らに幸せになってもらいたくないですか? 自分が寂しいから慰めてもらいたかっただけですか?

それは、彼らを自分の都合で利用したというだけです。それを彼らは「マジョリティの横暴」と呼びます。


Related Entries