ビデオゲームも野外遊びも両方好きでいいです。

  26, 2017 11:00
  •  -
  •  -
「うちの子は、せっかく自然に親しませてやってるのに、ゲームをやるから困る」って言う母親がいるんですって。父親や祖父母もいるかもしれません。

両方好きでいいです。

昼間は外で遊んで、夜はゲームを少しやって、9時に寝かせればいいです。テレビと照明は消しましょう。成長ホルモンは夜の11時ころ、真っ暗な部屋の中で脳内に分泌されます。

昼間ゲームやって夜遊びすると不健全ですが、そこが間違ってなければいいです。

この「どちらか一方に決めなければならない」というのは、縄張り意識の一種で、危険性をはらんでいます。

おおきく考えると、近代国家の成立期に戸籍(納税先)が整理され、固定されていく過程で、イギリス国民かドイツ国民か、資本主義か共産主義かという二項対立が繰り返されてきたことによって形成された国民意識の一種です。

両方の味方っていうと、裏切者のように思っちゃうわけです。

けれども、この意識は不必要な対抗心、優越感と劣等感のいたちごっこ、無益な憎悪といったものを生みやすく、暴発しやすいわけです。

親子関係の場合は、母親の好みに子どもが合わせてくれないということですから、母親と夫、母親と姑などの関係性が反映された、びみょ~~なルサンチマンを含んでいる可能性がありますが、重要なのは……

「どちらかに決めなければならないという思い込み」そのものが、歴史のある時期に作られたものに過ぎないことを見切ることです。

ようするに「こだわらなくていいんだ」と思うことによって、自分自身が楽になることです。



Related Entries