逃げたと思われると困るのはなぜですか?

  26, 2017 11:01
  •  -
  •  -
小学校の遊び仲間から外れた、中学校の部活を辞めたという場合は、学校へは行かなくちゃならない。

休み時間に「なぜ逃げたんだよ」と絡まれるかもしれない。おなじ学区内に住んでいるから自宅まで押しかけられるかもしれない。だから小中学校、とくに公立のイジメは深刻なわけです。

企業ではどうか。辞めてしまえば、それまでの同僚とはお付き合いがなくなるはずです。転職できたら、転職した先の同僚と友達づきあいが始まるだけです。元の同僚が「なぜ逃げたんだよ」と自宅まで殴り込んでくるということは、ほとんどないでしょう。

そもそも「みんな」忙しいのですから、いつまでも辞めた人の噂をしていることもありません。逆にいえば、それだけ覚えていてもらいたい・期待されたいと思っている自分がいます。

その背景には「実際には期待されていない・評価されていない」という感じがあるわけです。

あるいは、もっと単純に小中学校時代のイジメ被害の記憶がフラッシュバックしているのかもしれません。けれども、過去は関係ありません。

これは発想の転換を促す文章です。辞めろと命令するものではありません。辞めるなと命令するものでもありません。決める権利は、あなたにあります。その判断基準を問い直すものです。



Related Entries