記事一覧

それは「ノンセク」ではなく、トランス・チェイサーといいます。

まず、今年20歳前後の若い人の親御さんというのは、45歳前後の可能性が高いです。

現在では、LGBTの子どもを持つ親の会も結成されています。当事者を含む教員どうしの連絡会もあります。当然ながら、彼(女)らは「大事な息子・娘が中年に利用されないように守る」という意識を持っています。

中年は、自分自身がまだ小娘のふりをして若い男に付きまとっていたら、自分と同い年以下の親が出てきて「うちの子になにかご用ですか」と言われるという可能性を、じゅうぶんに覚悟しておきましょう。

【トランス・チェイサー】

ゲイというのは、ゲイとは自称したくない人も含めて、まずは男性ですから、ごくふつうに男尊女卑の気持ちを持っていることがあります。

「女が飯を作るのは当たり前でしょ」とか「女が子どもを育てるのは当たり前でしょ」とか思っているかもしれないのです。もし女性がゲイ(のカップル)と同居したら、問答無用で料理と育児担当にさせられちゃうかもしれないのです。

にもかかわらず、女性のほうでその可能性をまったく無視して「ゲイは女の心を持っているから、私たち女の子が結婚したくない気持ちを分かってくれる」と期待するなら?

それは「体は男で、心は女」という人物を探しているということです。それを「トランス・チェイサー」といいます。チェイサーは追いかける人という意味です。

それは、ストレートの都合で性別違和の人を利用するということです。

ストレート自身が実際に「ノンセクシュアル」かもしれませんが、その中でも悪いタイプです。

とくに、ノンセクシュアルであることと、BL趣味であることと、二次創作をぜんぶ混同して「私は結婚できないから他人の著作権を利用するのは当たり前」と言っちゃう人は、やっぱり勝手な言い訳をしながら実在ゲイバーや実在トランスを利用したがるのです。

念のため申し上げておきますと、二次創作同人全体にとっても迷惑です。

【弱者特権の勘違い】

上記のような勘違いを起こす人というのは、弱者特権という発想を、自分に都合いいように拡大解釈しているのです。

本来、女性の弱者特権というのは、女性が男性と平等になるために「ハンデ」をもらうということです。

女性はもともと(出産という)荷物を背負っているので、ゴールラインまでの距離を短くしてもらうということです。また「そもそも出場するな。生意気だ」などの、いやなことを言われないということです。

それを勘違いして、自分のほうから爆弾なげて隣りの出走者を怪我させるとか、観客に向かって悪口を言うとか、そういうふうになっちゃうことが拡大解釈です。

女性が社会進出できるのは、女性自身は悪いことをしないのが前提で、男の真似して悪いことをすることではありません。

競争に勝つためには、事実として、競争相手である男性を泣かせることになるわけですが、それは競争相手ではない男性をも泣かせていいという意味にはなりません。

女性が政界・企業で出世できるようになったからといって、ゲイバーに割り込んでいいわけではありません。ここ重要です。

【夜の街で中学生ごっこ】

早いうちからBLに親しんでいた人は、男同士の姿や話題に接すると、自分の心がその頃に戻ってしまうということがあり得ます。

人前であることも忘れて「やばい、やばい」と騒いだり、ガールズトークと同じ乗りで実在男性に向かって性的な質問をしちゃったりするわけです。コミケの中で(または長電話で)おしゃべりしてる気分になっちゃうのです。

ファミレスを占領するオバサングループがうるさいのも、女学生時代に戻っちゃってるからですが、ゲイバーは休み時間の教室ではありません。もともとあなたを歓迎するための店ではありません。あなたに入って来てほしくない店です。

【ゲイバーとは】

毎日ゲイ団体の貸し切り予約が入っている店だと思えばいいです。

その扉を叩いて「私たちも入れなさい! 男だけで楽しんではいけません!」というのは、悪いフェミニストです。

それは、女子校の同窓会パーティーに俺も入れろという酔ったオヤジと同じです。

「でも実際に『ゲイ貸し切り』って書いてないからいいじゃん」というのであれば、男性が「女子トイレに『女性専用』ってハッキリ書いてないから俺が見物目的で入ったっていいじゃん」というのも認められることになってしまいます。

「それは、男はダメだけど、女ならいいのよ」というのであれば、それが弱者特権の勘違いということです。

【ゲイにも息抜きが必要です】

彼らには、女やストレートの悪口を言える時間が必要です。

「女ってほんとバカだよなァ」とか「職場に下品な女がいていやだ」とか「俺がゲイだと知った途端に興味津々で質問してくる同僚がウザイ」とか言える時間が必要です。

でも、女性が彼らの居場所に入り込んでいって「私がここにいる以上、女の悪口は遠慮してちょうだい!」というなら、無料サービスを強制しているということです。

ゲイの気持ちとしては「ゲイバーまで来て、女に気を使わされたくない」だろうと思います。

【ノンセクとBLは別】

性的な話題が苦手なら、児童文学を読んでくれて全然OKです。料理や手芸の写真を投稿すれば「いいね!」を沢山もらえるでしょう。「ノンセクシュアル」を自認する人々の中には「少女キャラクターにしか興味がない」という人もいるはずです。

男性を見て興奮する男性もいるという話を、その当事者の口から聞いてみたいという人、そういう目的でゲイバーを利用したいという人は、たんにその人がそういう趣味だというだけです。それは弱者同士の連帯の代表ではありません。自分の興味を満足させているだけです。

(「女性もどうぞ」と言ってくださるお店に入って、ふつうに礼儀を守ってお酒を飲ませて頂けばいいので、わざと歓迎されない店に入っておいて「ノンセクだから」とか、変な言い訳しなくていいのです)


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。