記事一覧

原作つき映像作品語り。

時代に合わせて、あるいは合い過ぎないように、

設定変更したら後は映像の勢いでよろしく。

・・・・・・ということなのだな、と『清盛』と『トータル・フィアーズ』と『MW』を考え合わせて思っている。

史実では距離を置いていた二人を大親友設定にしちゃったもんだから、「そのくせ大して協働していない」という矛盾を生んでしまった。
信西が辣腕をふるっていた頃、清盛が「平家の金を使ってくれ!」と言っていれば、もっとすごいことが実現できたはずだが、それでは史実と合わなくなってしまう。

中東の砂漠から出土したものを中東の人間が利用した話だったのを、白人至上主義者の仕業にしたもんだから、大国の一方の正規軍にも協力者がいることになり、勝手にスクランブル発進したが、その動きが中央の司令部に伝わって、「反乱だ! 奴らこそ犯人だ!」とバレてしまうはずが、そうはならない。

原作では高官を色仕掛けでたらしこんで基地深部に潜入できたはずが、そうは描けないので、画面きり換わったらもうバイオハザードルームにいることになっている。
また、70年代の話だったのを現代にしたもんだから、セキュリティが生体認証など偽造しにくいものに変更されているはずで、そこをいかに切り抜けるかが一番面白いところでもあるはずなんだけど、そこをスッ飛ばした。

観客は「いま変なとこなかった?」「どうなってんの? なんで作中の人は誰も気づかないの?」などと思うんだけど、絵の美しさとテンポのよい編集で幻惑され、「ま、いっか」と収まる約束になっている。イリュージョンのステージみたいなものだ。

とすると、

辻褄があっていて、しかも情緒に訴えるところがあり、絵的にも美しい作品が「A級」で、
辻褄があっていないが、見るぶんにはカッコいいというようなのがB級で、
辻褄があわず、絵的にも洒落ていないというのを、C級と思うことにしておこうかな。
Related Entries

Comments

Post a comment

Private comment

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。