記事一覧

【ルサンチマン同人】【BLの本質】【BLの自戒】【明日のために】

以下は以前に用いていたカテゴリ名ですが、「同人・BL論」として発表年順に編成し直しましたので、カテゴリ名としては表示されなくなったものです。けれども、基本理念としてご一読頂けますれば幸いにございます。

【ルサンチマン同人】

一時期「同人誌即売会」に出展していたのに、人気をなくして、不良在庫と赤字を抱えて撤退し、今でも同人の世界全体に対して恨みを持っている人。

「同人」という言葉を眼にしただけで興奮してしまい、恨みごとを並べ始めるとともに、業界の裏事情を暴露し始めてしまいます。もちろん現役同人を困らせてやりたいからですが、本人は無意識的です。

自分が人気をなくした理由を分析できておらず、まだまだイケたはずなどと思っているので、時期的に一致した刑事事件や、就職氷河期といった社会情勢、さらには母親に責任転嫁していることもあります。

【BLの本質】

1960年代・70年代に発表された、日本におけるBL分野としては最初期の作品群から、共通する要素を抽出することにより、そこに表現された女流の意識(半意識)の解説を試みたカテゴリ。

「作家は同じ演技をくり返すわけにはいかない」とは、永井荷風が言った通りで、時代をくだるにつれて、ここから離れていくのは当然です。

とくに1990年代以降は、申すまでもない大不況でした。不況のときにはポルノグラフィを売るのが出版界の鉄則です。だから「ボーイズラブ」の名で赤裸々なものが売られたので、偏見が生まれているわけですが、思い切って50年前までさかのぼって源流を訪ねると、こういうことだという話です。

くれぐれも「私はエロしか読んだことないんですけど!」という自分中心のクレームは、ご遠慮ください。

【BLの自戒】

BL読者による社会批判・男性批判が度を越えることがあるので、自戒を促すために、あえてBLの欠点をあげつらっておくカテゴリ。

べつに誰にも失礼なことを言うつもりはないから、夢を壊さないでほしいと仰る方は、お読み頂くにおよびません。

また、これに基づいてBL読者をからかうことは、ご遠慮ください。誰しも、誰からもからかわれたり脅されたりせず、好きなものを好きなように読んだり、夢を見たりする権利がございます。

【明日のために】

過去に投稿した同人論・BL論を総括して、未来への提言とする記事群。やや長文です。

基本的に、サイト運営者などのアマチュアを含めて、研究者に向かって「問題の立て方」の反省を促し、政治家へ向けて柔軟なコンテンツ産業政策を提言し、教育関係者へ向けてあるべき人権教育を問いかけ、同人活動志望者に向かって失敗しないための心得を説くものであって、「同人活動は危険だから全滅させろ」と要求するものではありません。

同人関係者は、被害妄想にかられて、あわてて自己弁護するつもりで一般国民の皆様の敵意を強めてしまうような暴露話を始めてしまうことのないように、くれぐれもご自愛ください。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。