Misha's Casket

ARTICLE PAGE

1957年4月、渡邊邦男『明治天皇と日露大戦争』新東宝

われわれ遺族の願いで、旅順は落としてみせます。

新東宝シネスコ。イーストマンカラー。渡邊邦男ここにあり。

ものすごい人海戦術と躍動的なクレーン撮影。映画の醍醐味あふれる得意の話法で、一部始終を質実剛健に描いて参ります。

演出の基本が舞台劇をそのまま撮ることであって、後の東宝8.15シリーズのような編集技で見せるタイプとは違うわけですが、かえって臨場感が高いです。

銃後の描写は戦争映画の中だるみ要素になってしまうことが多いですけれども、これはお上と文官と国民の姿をくり返し映し出し、最前線からの報告を待つ身のつらさを描くことによって緊張感を高めるという離れ業をやってのけたと思います。

なぜか男優がヅラを着用しており、演技力にもやや難があって、新東宝という会社自体の若さを露呈しちゃってるようですが、監督の技量と大和魂は確かなもので、実際の(大東亜の)戦時中を知っている人ならではの熱誠に満ちあふれております。

いざ抜錨・出撃となって軍艦行進曲が鳴り響く映画は多いですが、そのタイミングの良さはこの作品がピカ一だと思います。

アラカンの演技力はずば抜けており、映画であることは分かってるんですけれども、おおみ心の深ければ、編集や小道具のクローズアップという映画的効果の巧みさとあいまって、時おり涙を禁じ得ませんのです。

Related Entries