Misha's Casket

ARTICLE PAGE

マスメディア・研究者の隠語好きを支える若返り志向。

窃盗を「万引き」、売春を「援助交際」と呼んで、まるで窃盗とは言えない・売春ではないと容認しているかのような傾向を示してしまうのが日本のマスメディアおよび社会学者。

これは本人たちの若返り志向を示しています。すなわち「俺も私も若い女の流行語に詳しい。まだまだ若い」と言いたいのです。

百歩譲って、中年男性が若い女性に興味があり、おじさんも混ぜてと言いたい気持ちは分かる。

けれども女性(なかんずくフェミニスト)が「男性が若い女性ばかりチヤホヤしたり、搾取したりするのは良くない」と怒りながら、自分自身が「私だってまだ若いのよ♪」と言いたいというのは情けないのです。

この隠語好きがBL論をも混乱させて来たわけで、本来、ミステリーを愛読する人がミステリー読者で、時代劇を鑑賞する人が時代劇ファンなら、BLを読む人はBL読者・BLファンです。

誰かが知ったかぶって「いや、そういうのは『やおい』って言うんだ」とか「いや、最近の若い人は『腐女子』って言うのよ(そんなことも知らないの~~?w)」

って言うから、議論が混乱するのです。

本来、それは(今でいう)二次創作BLが著作権問題を隠蔽するために用いた隠語です。プロ作品に適用する筋合いではないし、そこを混同してあからさまに論じられたら、同人としても自分たちの作品だけ隠蔽しようとした意味がないのです。

年長者として歴史的・大局的判断ができるのではなく、いい歳した中年男女が若い子の流行語を使って優越感を味わってしまう。日本の悲劇の一つです。

【ゲイ・レズビアンも隠語が好きすぎて自滅】

1990年代から2000年にかけて、男性の同性愛者が「ストレート女性がゲイバーに来て我々のプライバシーを侵害するので困る」と言ったのは、まことに正しい権利の主張であって、彼らの言い分が全面的に認められるべきです。

が、彼らは一つ間違いを犯しました。そういう女性を総称して「これだから『やおい』には困る」という言い方をしてしまったのです。

女性側は「創作物が規制される」と判断しました。それはもともと、二次創作BLを示す「モノの名前」だからです。

そこで、フェミニストが「男性が女性の表現の自由を検閲してはいけません!」という「弱者の声」を挙げました。論点がすり替えられてしまったのです。ゲイのほうが悪者という構図になってしまったのです。

したがって、彼らが本当に言いたかったことは誰にも届きませんでした。新宿二丁目方面の平和は乱され続けたのです。

時移って2009年。レズビアンが「ストレート女性が若くてきれいな顔したゲイだけ見物したがって、私たちの婚活パーティーまで邪魔しに来るのは本当にいやらしい」とクレームしました。

まことに正しい主張です。他人のお見合いを覗き見したがる人のほうが変です。「マジョリティの横暴」です。

けれども、この時もレズビアンが間違えました。「これだから『腐女子』には困る」って言っちゃったのです。それは本来、二次創作BLを手がける女性同人のことです。

したがって、同人が即応しました。「それは私たちではありません」

すると、レズビアンが謝ってしまったのです。レズビアンのほうが悪いという構図になってしまったのです。結局、実在性的少数者が本当に言いたかったことは誰にも認められませんでした。プライバシー侵害は今なお続いています。

くだらない言い争いが起きた原因は、ゲイ・レズビアン側が「私だってストレート連中の流行語に詳しいのよ」と、ひけらかしたがったことです。

つまらない優越感が自分の足元をすくうのです。お控え遊ばせ。

Related Entries