Misha's Casket

ARTICLE PAGE

1964年1月、三隅研次『眠狂四郎勝負』大映京都

相手は俺か!

原作:柴田錬三郎「週刊新潮」連載 脚本:星川清司 撮影:牧浦地志 録音:奥村雅弘 照明:山下礼二郎 美術:内藤昭 音楽:斉藤一郎 

大映スコープ、総天然色。かけ蕎麦が食いたくなる映画。公開月に合わせてお正月のにぎわいから入りますが、世情は不景気で浪人だらけで物騒だったもようです。

主人公はクールぶってて曲がったことはきらいな赤毛の着流し。隻腕ではなく行儀が悪いだけです。併映は『温泉女医』だったそうですから、本作も基本的には男性向けだったと思われます。

ヤクザ者同士の出入りで話が済む座頭市とちがって、まがりなりにもサムライなので、公儀まで関わる大事件になってしまう上に、今日も女にも男にもモテてモテて困る盛りだくさんぶりで、前作に輪をかけて娯楽色の強い脚本であり、ようするに無理があるんですが、加藤嘉の熱演と雷蔵の気品が救っております。円月殺法は流儀の名前ちゃうと思いつつ。

今回も個性のちがう女優が複数登場し、斬った張ったではなく斬ったり斬ったり斬ったりするお話に彩りあざやかなメリハリをつけております。

高田浩吉次女・美和ちゃん可愛いです。藤田志保は切れ長な眼が男の子みたいなので男装の剣士とかやらせたかったですが、この時代の女性キャラクターはまだ伝統的な解釈なので致し方ございません。

水谷浩のお弟子さんによる美術は豪華かつ細やかです。照明で作ってるのか、霧がかかってるように画面全体が煙る効果が面白いです。

円月殺法の隙を看破するキャラクターが登場しますが、それとは別口で立ち会うことになる柳生但馬守がちゃんと同じところを突いて来るのがさすがです。

座頭市は居合なので鞘に納めて終わりますが、刃を振り切った後の型が美しいのが眠さん。白面の美剣士は意外にいい筋肉してます。


Related Entries