記事一覧

同人誌即売会からは、撤退するんじゃないです。

イベントは一日で終了するので、「テナントを年間契約していたが、打ち切って撤退した」というのとは訳が違います。

「一日かけて売ってみたが、たいしたことなかったので、自信をなくして次回は挑戦しなかった」というだけです。動きの方向性が違うのです。

確保していた拠点を放棄したんじゃなくて、イベント終了の時点で、すべての参加者がいったん終わるのです。全員が拠点(出展ブース)を放棄し、日常生活に復員するのです。その後、再度エントリーするかどうかを選択するのです。

その時点で「もういいや」と思ったのなら、たんにその回は見送ったというだけです。けれども、いわゆるジャンルを変更して再挑戦してもいいし、オリジナルに転向し、完成原稿を出版社へ送って、印税契約してもいいのです。それで読者の傾向をつかんだら、また同人誌(という名の個人誌)を自分で編集して、即売会に申し込んでもいいのです。

何回も出展している内に、テレビ番組が放映終了したり、一般参加者の世代交代によって客層が変化するということはあり得ます。

高校生・大学生だった間は夏休みのたびに通って来てくれていた人々が、卒業すれば地元就職する。人によっては海外赴任してしまう。とくにバブル崩壊期には、勤務または内定していた企業の倒産によって実家をたよって地元へ戻らざるを得なかった。「悪いけど、もう上京するおカネもない……」ということがあったのです。

とはいえ、郵送で通販するという手もあります。もともと「くちこみ」で広まったものなのですから、周囲におすすめしてくれたっていい。でも職場ではアニメに興味ある人も、素人の漫画(または小説)に興味ある人も、見つけにくいと言えるでしょう。

もともと好奇心旺盛な中学生どうし・高校生どうしの「乗り」だけに支えられた、一過性の人気だったのです。

それに(無意識的に)気づいて、再挑戦しなかったならば、それは自己判断・自己責任です。他人のせいで売れなくなったのではありません。撤退せざるを得なかったのではありません。ジャンルを変えてでも、ペンネームを変えてでも、再挑戦しなかったのは、あなたの勝手です。リスクを取ることを回避したのです。

それを「臆病者」と言われたくないのであれば、自分の判断は賢明だったと胸を張るほかありません。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。