記事一覧

二次著作物とは。

二次著作物があまりにも原著作物(一次著作物)から乖離しており、もはや独立別個の作品という時は、二次著作物とは認められません。

つまり原作者が告訴しても、裁判長が「これは二次でさえない」という可能性は、あります。この場合、原告敗訴というか、取り下げです。

だからこそ「なぜ、あえてそのキャラクターを使うのか?」という問題が発生します。

逆にいえば、わざわざ「二次」創作と言っている以上、自費出版者のほうで、他に対する依拠性を認めていることになります。

だから本当いうと「これは二次創作です」といって売っていることはないのです。だからこそ隠語を使用したのです。(昔の社会学者は空気読めなかったのです)

念のため、国民誰しも「自分に不利な証言を、わざわざしなくてよい」ことになっています。

それを見てしまったとき、原作者が「これは俺の作品とは関係ない」と思うか、キャラクター商品化権を侵害されたと思うか? 原作者の胸一つです。

どの法律に基づいて、何の侵害として告訴するか? 意匠権? 商標権? 著作権? そもそもキャラクターとは何か? 人は何をもってキャラクターを「あのキャラクターだ」と認知するのか? 深く追求すれば、大脳生理学者や心理学者や哲学者まで証人として連れて来なければならない大問題です。

名前は分かりやすい指標ですが、個々のキャラクター名をすべて商標登録してあるということは少ないものです。

にもかかわらず、もし、わざと原作者に他人の自費出版物を見せようとする人があれば、原作者の心に「侵害された」という気持ちを起こさせることを狙った。すなわち告訴を強制したという意味に取られる可能性もあります。業務妨害、脅迫、迷惑防止条例などが適用されるかもしれません。

だから、何が侵害されたといって、誰が誰を訴えるのか、かならずしも一様ではないのです。「侵害されたと思っているが大目に見てくれている」のではありません。考え方です。

国家が、個々の国民の人権を尊重するならば、個々の国民の判断力を信じ、個々の国民の考え方を尊重するのが正しいです。

にもかかわらず「これからは著作権者ではなく警察が判断する」という話になりかけたのを、水際で食い止めたというのが、最近起きたことですね。

だからこそ、著作権者は依然として著作権者です。彼(女)が個人的に判断することが禁止されたわけではありません。

二次創作者のほうから「先生のお考えを聞かせてください」とか「商品化権の問題だとは考えないでください!」と言えば、もちろん、やぶ蛇です。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。