記事一覧

二次創作許可マークの本当の意味。~見つけられない権利

非親告罪になってしまえば、決めるのは警察であり、国家です。著作権者自身が「フリー」を宣言すれば免責になる権利を保持できるのであれば、それは非親告罪化ではないです。

残念ながら許可マークという発想は最初から破綻しているのです。

それは要するに「著作権者自身が決める権利」の可視化であって、非親告罪化してもらわなくて大丈夫です、ぼくら漫画家同士で話し合うことによってやって行けます……という意思表示なわけです。

だったら、べつにマークを使わなくても、とにかくプロ・アマ問わず漫画家全員が「非親告罪化に反対!」の一本槍で押し通せばいいのです。

非親告罪化が通ってしまえば、その時点から検閲が始まるので、あらゆる代案が無意味になるのです。

ということは、論点はあくまで「非親告罪化反対=検閲反対」なのです。

意外なことに、この問題のポイントは、じつは「カネが絡んでるかどうか」ではないのです。検閲させるかどうか、なのです。

同人としては、べつに二次創作にこだわらなくても実利を得ることはできるんだけれども、いざ禁止されてしまえば、たんにオリジナルにシフトしたからもう安心というわけではなくて、違反(二次創作)ではないかどうかを確認するための検閲によって、冤罪を着せられ、原稿を没収されたり、拘留されたりする可能性があるということです。

それに対して「これはカネもうけのためにやってるんですよ!」と主張しても無意味なのです。警察官が「分かってるよ」と答えるだけです。

【見つけられない権利】

「著作権の保護を強化することにしたけれども、新規に制作された創作物については精神性(表現の自由)を尊重して検閲しない」

まずはこれによって、たんなるコピー商品(=海賊版)との区別ができたことになります。

そしたら同人の自己判断によって、オリジナルを出したい奴は出せばいいし、二次創作を出したい奴は出せばいいのです。

正確にいうと、出さないのが望ましいんだけれども、出したとしても検閲されないから「えらい人」には見つからない。あえて言えば「見つけられない権利」です。

もともと、そういうもんなのです。探さないでくださいと書置きを残して家を出たみたいなもんです。

「いや、そんなこと言ってる場合じゃない。片っ端から見つけて被害を防止、または被害者を救出しなければならない」というのが、危険ドラッグや人身売買です。

【お客さんはいません】

ようするに「二次創作はそれほど悪いことではない」の一点に掛かっています。探さないでくださいと言われれば「ま、いっか」で済ませられる程度であることが重要なのです。

だからこそ、二次創作で興奮した読者が駅頭で騒ぐとか、新宿二丁目に迷惑かけるとか、実在児童への興味を助長するとかいうことであれば「一発アウト」ということがあり得るのです。

だから、言葉使いに気をつけろ、自分の権利を勘違いするなと言うのです。

危険ドラッグさえも、交通事故が起きるまでは取り締まり対象ではなかったのです。ダンスクラブが摘発されたのは麻薬取引の温床になっていると睨まれたからです。また周辺住民から「若い連中が店の外で騒いでいるので喧嘩に巻き込まれたり放火されたりすることが心配だ」という通報があったからです。

二次創作を出展するイベントが周辺住民の迷惑になっていると思われれば、総理大臣が理解してくれても、官僚が何を約束してくれても、終わります。政治家もヤクザも恐れるのが世論です。それじゃ本当に同人さんが困るのです。

今日も執筆に専念し、暑い日・寒い日に粛々と搬入作業する現役同人たちにとって、お気楽すぎる一般参加者も困るし、興奮しやすい「もと同人」にも困るのです。

「子どもっぽい」と思われるサブカルだからこそ、礼節と思いやりを備えた、正しいおとなになってください。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。