記事一覧

大学生とは、何をする人か?

大学生というのは、高い学習能力を活かして、資格を取ることを期待されている人々です。

明治時代のことを考えてみると、文字も読めない人々には公文書をまかせることができなかったわけですから。いまでも基本的には同じです。

外国語が読めない人は医師には向いていませんし、漢字を読むのもいやだという人は弁護士にはなれませんね?

大学に合格したということは、その能力があるということですから、大学生の進路は、まず国家試験に合格すること。次が公務員採用試験に合格すること。このどちらかということになります。大学に合格したから、もう勉強しなくてよいということはありません。

研究者になるという手もありますが、論文を発表しただけでは生活費になりませんから、ほかの方法で生活費を得る必要があります。

論文を書籍の形にまとめて発行し、その印税を当てにすると考えれば、創作家の同類とも言えます。でも専門書がスマッシュヒットを飛ばし、講演会などを頼まれる確率は低いでしょう。つまり、かなりのリスクを承知で起業することの一種です。

教授の助手として研究室に入るというのは大学に就職するということで、かなり狭き門です。

教授というのは、各科に一人なわけですから、いきなり「教授になる!」というのは「大会社に就職して社長まで登りつめる!」というのと同じで、それまでの道のりをぜんぜん考えてないということです。

夢だけでは次の一歩を踏み出すことができません。なんの論文も仕上げてないうちから教授職の夢を見ることはできません。原稿を完成させたことがないのに「漫画家になりた~~い」と言うだけ言っても無駄なのと同じです。

だから平均的な大学生の進む道は、まずなんらかの資格を取ること。理系なら医師や技術者。文系なら弁護士、司法書士、教員など。

OLになりたいだけなら、パソコンスクールへ通ったほうがいいというのが現実です。

だって自分が採用する側になったら「大学で古い文学ばかり読んでいたので、現代のビジネスに必要な能力は何もありません」という女と、「文学は読んだことありませんが、エクセルなら最新式を覚えてきました」という女のどちらを採用しますか? どっちを「わが社の仕事に対して意欲的」と考えますか?

(現代の若い人は、スマホしか使ったことがなく、キーボードを打てないので、大学生も論文執筆にあたって、まず大学においてパソコン初心者講座が必要だそうですorz)

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。