記事一覧

1959年、大島渚『愛と希望の町』松竹

わたしは、すこし悲しく、すこし怒っています。

製作:池田富雄 脚本:大島渚 撮影:楠田浩之 美術:宇野耕司 音楽:真鍋理一郎 照明:飯島博 監督助手:田村孟

祝・本格デビュー。大島渚という人は、題材が個性的なので映画会社の宣伝部とマスメディアによって煽られちゃうんですけれども、じつは常に心のあったかい、純真な正義感あふれる優しいおじさんだったと思うのです。

1950年代らしい文芸路線。都会の片隅の小さな小さな出来事を追った生活苦・社会諷刺物語ですが、撮影の楠田にとっても編集の杉原にとっても面白い仕事だったろうと思います。

途中まで「木下恵介作品」と言われても違和感ないくらいですが、だんだんヌーヴェルヴァーグ組の本領発揮という感じになって参るわけでございます。

映画というのは、小説や漫画以上に興行的な思惑が絡むはずですが、やっぱり第一作って創作家の素質が凝集しているもので、松竹のふところの大きさをも示しているのかもしれません。(タイトルの件ではちょっと揉めたもよう)

やや舌ったらずな素人っぽい女優は他の大島作品にも見られる要素ですが、やっぱり若い女性の良心への信頼感がありますね。たぶん監督自身の若さを示しているのでしょう。木下や黒澤がすれっからして見えるくらいです。

女性教員の台詞の大島調も不自然なほどではなく、処女作というよりは、むしろ抑制の効いた円熟味を感じさせると言ってもいいのかもしれません。

古い樽から新しい酒が出て来たら葡萄が育った土壌の良さがよく分かった、みたいな印象でしょうか。


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。