記事一覧

BLはジェンダー論ではないから、お行儀よくしましょうって話です。

日本のBLファンの女性は、自分たちで出版社を立ち上げていません。

っていうと、すぐに「BLはジェンダー論っていうより、ただのビジネスなのよ」な~~んて言って来る人があります。

どうも「日本のBLファンの女性は、もっと頑張って出版社を起業しなければなりません!」と、フェミのおばさんから叱られると思い込んでしまったらしいです。でも当方の意図は違います。

「日本のBLファンの女性は、自分たちで出版社を立ち上げていないので、もし新宿二丁目やSNSでやらかし過ぎて、本当にゲイコミュニティから告訴されたり、一般利用者を炎上させてしまえば、やばいと思った男性編集長・出版社社長たちがBLを切り捨てるから、単行本を発行できなくなります」です。

男性編集長・出版社社長にとって、BLは単なるビジネスだからこそ、リスクがメリットを上回れば、一瞬でトカゲの尻尾切りします。

プロBL作家が単行本を出せないことになって涙すれば、同人は「ざまぁ♪」といって笑っていられるのではありません。プロとして書き方のコツを覚えた人々が同人誌市場に流入します。終わるのは、あなたです。

日本のBLは、どこまで行っても、お釈迦様ならぬオトコ様の掌の上です。

もともと男性が「衆道の契り」を美化して描写する伝統を守って来たから、戦後に女性が「社会進出」する時代になると「男が書くなら女が書いたっていいでしょ」という人が出てきて、それを一部の男性が「いいよ」って言ったのです。

ビジネスだから引き受けてくれるのが当たり前ではありません。

もし、キリスト教のようなストレート男性中心主義的宗教の厳しい戒律に基づく法律があって、出版社や印刷所のオジサンたちによって「女が変な原稿を持ち込んで来た」と通報されていたら、プロ作品も同人活動もなかったのです。

今でも、国会議員は男性のほうが多いのです。

「じゃあ起業してやる! どんな批判も私が引き受け、弁護士団を結成して断固闘ってやる! 単行本を出したい女はみんな私んとこへ来い!」

というのではないなら、自分だけ被害者ぶって自分より年下の男性アカウントに厭味を言ったり、下品な言葉で自己アピールしたりしなくていいです。

今さら不良女子中学生ぶりっこしたからといって、若くて可愛いと思ってもらえるわけでもありません。


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。