過去を知ることは、現在を否定することではありません。

  14, 2017 11:05
  •  -
  •  -
「BLは明治文学から始まった」という歴史を確認することは、あなた自身が1980年代のプロ漫画をきっかけにBLの面白みに「目覚め」て、二次創作BL同人活動を始めたことを否定することではありません。

極端な例えを言えば「人間は何百万年もかけて猿から進化しました」という自然科学の研究結果を聞くことは、現代のあなたは人間ではないと言われた、ということではありませんね?

「私は人間ですよ! 猿だった時代のことなんて覚えてませんよ!」とクレームする人のほうがおかしいですね?

江戸時代には江戸幕府がありましたと言われて「私は昭和に生まれたんですよ!」とクレームする人もおかしいですね? 言ってること自体は嘘ではありませんが、文脈からして意味を成していないですね?

同様に、現代BLの源流には明治時代の男性文学があると言われて「私はそんなもの読んだことありませんよ!」と、キーキー騒ぐ必要はないのです。

「大学へ通った」という人に議論の心構えからして教え直さなければならないことにはビックリさせられるのです。(ほんとうに学問しないで同人やっていたのでしょう)

【便乗と努力】

BLは、男性中心社会が容認する範囲における女性中心主義の現れ方の一つにすぎません。

「でも市販BLの発行に当たっては女性編集者が頑張ってるんですよ!」といっても、出版社の経営者は男性です。印刷所の経営者も男性です。ビジネスだから引き受けてくれるのが当たり前ではありません。

もし、ストレート男性中心主義的宗教に基づく厳しい法律があって「女が変な原稿を持ち込んできた」と通報されていたら、同人活動もなかったのです。

が、日本では、もともと男性が「昔はそういうこともあった」と書くことがあったから、それを読んだ女性が「昔はそういうこともあった」と書いただけです。

それを「女のくせに真似するな」と言われて発禁にされたり、殴られたりしたのではないなら、日本は「女性にも基本的人権が充分に認められている良い国だ」というだけです。

その「だけ」が、すごいことなのです。

その男女平等の基本的人権を保障してくれている日本国憲法がGHQの肝煎りで成立したというなら、日本女性はマッカーサー将軍様に足を向けて寝られんのです。

さらに申せば、ご自身の一命を賭してポツダム宣言受諾を決意してくださったお上に対して、頭が高くしていられる日はないのです。今なお、これが真実です。だからといって「女性自身は何も努力しなかった」と言ったことにはなりません。

歴史を確認することは、現在を否定することではありません。「もともとこういうものだった」と指摘することは、現代人の努力を否定することではありません。

いちいち被害妄想によって自分自身を興奮させなくていいのです。いちいち怒りの感情を捏造しなくていいのです。怒りの感情を捏造せずにはいられない現在の境遇に対して、正しい課題を認めましょう。

あなたは、他人に向かって「弱者の声を挙げて行く」ごっこするよりも、新作を書いて発表したほうがよいのではありませんか? そうすれば、また人気者(&お金持ち)になれるのではありませんか?


Related Entries