記事一覧

1997年10月、池田敏春『鍵』東映東京

性欲を描かないで、人間は、描けないんだ。

製作:黒澤満・植村徹 原作:谷崎潤一郎 脚本:白鳥あかね・香川まさひと・池田敏春 音楽:本多俊之 撮影:前田米造 照明:加藤松作 美術:桑名忠之 編集:川島章正 助監督:中嶋竹彦 

ドザッパーンと始まる谷崎潤一郎。東映だってやれば出来ます成人向け。

丁寧なロケ地選択、華麗な洋風背景美術、執拗に繰り返される主題曲、クローズアップの多い1990年代的話法で堂々の耽美派芸術路線。

思いがけないファーストシーンからして印象的。クルボアジェを(以下略)

何よりも川島なお美の美しさを世界に誇りたい映画で、美しすぎる嫁さんの前でオロオロする夫の愛嬌も、初めて表現し得たかもしれません。

ニュース音声、流行曲、劇中劇、サイドカーつきオートバイ。撮影時点と劇中時点(原作は1961年発表)のズレが大きくなってくると、こういう小道具が必要で、それがまた魅力です。ただし……

神代版は登場人物の年齢設定が原作に忠実で、女優の風貌も万人向けの美人じゃないですから、夫の執拗さが余人には共感しにくく、かえって夫婦の深み・おとなの性の凄みを垣間見せてくれたので、むしろ芸術だったわけですが。

こっちはサスペンス性が強くなってしまったかもしれません。うっかりするとテレビサイズになってしまうところ、1990年代らしいフェチっぽい映像で押し通すことによって救いました。

脚本の白鳥は名前からいって婦人と思われますが、嫁さんが洗濯物を乾していたり、お手伝いさんに明るさがある点に、それが表れているのかもしれません。

ただ最後にね……ああ、女は余計なこと言っちまうんだよなぁみたいなところはあります。

そして何回観ても読んでも、来客中に風呂に入っちゃうことだけは不思議なんだけれども、これも言わない約束。



Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。