記事一覧

本当にトランスゲイなら、二次創作BLは書かない。

彼らは自分自身をモデルにセミドキュメンタリーを書いて、それを男性的なペンネームで『薔薇族』に投稿するのが筋です。

原稿は郵送すればいいので顔出しする必要ありません。伊藤文学が仁義を守ってくれる男なら「この作者、本当は女です!」と暴露しないでおいてくれたでしょう。

また、トランスだから他人のものを無断利用するのは当たり前ということにもなりません。トランスに失礼です。

1998年のトランスゲイ説は、プロ作家としてオリジナル作品を全国公開していた人の自己申告であって、すねに傷もつ二次創作同人活動の説明にはならないのです。

ならないんですけれども、1998年の時点で日本社会の著作権意識が低かったので、榊原の解説書を読む批評家・読者のほうで彼女のようなプロ作家とアマチュアたちを混同してしまっており、説明になっていないことに気づかなかったのです。

それをうかつに「やおいは女性の権利です!」などといって海外の議論の場へ持ち出せば、海外研究者から「これは日本ではフェアユースとして認められているのか?」などの鋭い質問を受けて、日本人研究者のほうが「うっ」となるだけでしょう。(海外の研究者と連帯しようとした人々がいたらしいのです)

なんで日本人は議論が下手なのか?

やっぱり、批判されることに慣れていないのです。国境を越えて集まる人々は、それぞれの国・地域・民族文化を体現していますが、それ同士が暗黙のうちに通じるということがなく、前提を共有できませんから、愚直なまでに論理性と明文化された規則を重視するのです。そこは言わなくても分かるってことがないのです。

日本人は、その視点で「前提を疑う」ってことが少なく、みんな分かってるつもりで話を進めてしまうので、プロの研究者といえども、時々やらかしてしまうのです。

島国根性とマジョリティの横暴は同じもの。自分を疑わずに他人のことだけ「おかしい」といえば、差別です。

そのくらいなら議論しないほうがいいです。プロに失礼です。


(なお、表題はBLの発生の説明に対する批判です。現代のトランスゲイは、すでにBLまたは二次創作BLという技法を自分のものにして、楽しく自己表現している可能性があります。

これに対して、他人が「お前は女かトランスかはっきりしろ」と迫ることは、もちろんプライバシー侵害であり、人権侵害です。

この意味では、榊原の言い分は、それ以上の詮索を防ぎ、不毛な水掛け論に終止符を打つという効果を挙げたのです)


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。