記事一覧

映画『ハサミを持って突っ走る』の女性詩。

主人公の母親が主宰する詩の自主制作の会。

洋画を観ていると、誰かの家にご近所の主婦が集まって編み物をしながら噂話をしているという場面があって「井戸端会議が屋内型なんだな」と思うことがあります。

日本では他人様の家に「上がる」って言いますけれども、あちらは靴をはいたままなので、よそんちに入ることの抵抗が少ないのかもしれません。

で、その一種なんですけれども、若い主婦が「ガーデニングの最中に思いついた」といって、植物を題材にした詩を披露するのです。素直な情感と、ちょっと比喩が使われていて、なかなかよいです。

日本人なら俳句を詠むところでしょう。自然物に触発されることは、日本人にとっては、まさに自然です。

でも(自分自身がメンタルやられちゃってる)主宰者は、潜在意識に抑圧された怒りを表現できなければダメだっていうのでした。

本人が「詩とはそういうものだ」という先入観にとらわれているわけで、これはそういう詩が当時の文壇で評価されていたからという流行にすぎないと思われます。

カーネギーホールに憧れる彼女は、やっぱり権威主義なのです。女性の自由を抑圧しているのは、まさにその男性中心的権威主義のはずなんですけれども。

ウーマンリブの陥穽ですが、そう考えると、じつはディオールを頂点とする男性目線的オートクチュールの世界に憧れ、ブランドバッグを身につけることと大差ないのです。オシャレも度を超えると買い物依存症に移行してしまいます。

若い才能はのびのび伸ばしてやらないと。

(詩の場合、韻律の作法があるので、それを教えればいいのだろうと思います。あとは比喩表現や倒置法を用いて効果を挙げることなど、文法を教えればいいのであって、発想そのものをコントロールする必要はないです)

アメリカの場合、離れているだけに西欧宮廷文化への憧れが強いのかもしれませんが、サロンのプレシューズ気取りというのは、そのおフランスでも物笑いの種でしたね。

日本にも「和歌を詠む女を嫁にもらってはいけない」という諺のようなものがあったと思います。

笑いによって、本人が客観性を獲得できることもあり、「笑われた」と思って、一層病んじゃうこともあり。


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。