記事一覧

大河ドラマ『平清盛』の敗因。

他の映画を見た上での考察という記事なので、清盛カテゴリではなく映画カテゴリ。ドラマ未見の方は適宜回避なさってください。




で、視聴率低迷の原因は、いろいろあったわけですが……。

テーマがはっきりしなかったことと、打倒天皇制の意味を持ってしまったことは、平成の世には受け入れられにくかったかと思います。

じつは時代劇というのは、老中などの上流武家を悪徳政治家、奉行以下の役人をその手先である官憲と考えて、それに対する庶民(傘張り浪人・赤穂義士などの下級武士を含む)の自尊心回復を求める闘いを描くという要素があるわけですよね。

観客である庶民は、各時代ごとに、安保闘争や収賄事件などによる政治不信を重ね合わせて鑑賞したわけです。

それが可能だったのは、じつはすでに武士の世が大政奉還という形で否定されていたから、支配者としての武士を悪役として描くことに抵抗がなかったからです。

けれども、その武士の世を打ちたてようとする清盛は、天皇制に反対するという意味になるわけです。

その罪悪感を緩和するために、本人が出生の秘密で悩む姿を(溝口映画よりも)しつこく描いたんだけれども、白河院としては彼を都の外に捨てたわけではなく、最も信頼のおける部下に託したというのが史実(に最も近いと思われる憶測)です。

ドラマでは女が勝手に家出して来て忠盛に拾われたという脚色が入りましたけれども、黒澤映画『羅生門』に描かれたように棄児もあり得た末世には、むしろ幸運だったと言わねばならない。

贅沢な悩みを悩んだ挙句に「王家」から権力を簒奪することを企てた……というなら、またそれはそれで革命家としてヒーローたり得るんだけれども、問題はこの国では革命が起きていないことです。

信長が暴れても、秀吉が高笑いしても、公家の家計が厳しくても、錦の御旗が倒れたことはないのです。

『ベルサイユのばら』なら、同様にブルボン王朝が滅んでいるので「革命は良いことだった」と言えるんですけれども、本朝は違うのです。

あえてそれを描くなら「脚本家自身の今上に対する忠誠心(とは言わないまでも敬愛の念)はあるのか無いのか、どうなんだ」という問題が起きるのです、やっぱり。

「べつにそこまで考えなくても、男同士がネチネチ言葉責めしてる場面を書くだけでけっこう売れるし~~w」という二次創作同人ライクな発想では、この問題は通らないのです。

【昨日の敵は今日の友】

あくまで映画の感想として申せば、日本の保守派というのは、国体護持のために昨日の敵と手を結んでしまったわけですね。

だから、戦時中は反米といえば尊王を意味したはずなのに、戦後は「陛下の御心は和平にあらせられる」ことを知りながら、護国のための戦争を指揮した東條に同情的であることが天皇の戦争責任を問うことになる。すなわち天皇制打倒を意味してしまうという、ものすごくややこしいことになってしまったのです。

笠原和夫が映画『大日本帝国』で描ききって見せたのは「アメリカに尻尾を振りたくもないし、戦争責任を曖昧にするのもいやだ」という境地でしたが、それは本当は「赤」とか「左」とかってことではないはずなのです。

日本はもともと大陸の独立勢力を抑えようとしていたわけで、アメリカの敵は中国共産党の味方ってことではなかったはずなのです。

われわれの国は、われわれが動かす(森谷司郎『小説吉田学校』)という第三の道はどこへ行ったのか。

おなじ日本人が「貴様はアメリカ帝国主義の味方か、中国共産党の味方か」といって喧嘩するのを(古い映画で)見るとき、最も「日本人自身の自尊心が損なわれているなぁ」と思うことです。

実際には完全自給自足できる国ではありません。天然資源も人員も足りない。だからこそ商業として解決できる部分は商業として解決すればいい。戦後はそれでやって来たはずです。

その先駆けが清盛だったというなら、それでもいいんだけれども、若い頃から目先が効くという商売人のセンスを見せた人物として描けたわけでもなかった。徹底した非暴力主義というわけでもない。

おそらく、第一部の脚本を準備している段階で東日本大震災が起きてしまった。スタッフ全員が「いまフィクションを撮っていていいのか!?」という深い悩みを抱えてしまった。

それがうねるような、えぐるような自分探しの画に結実したことは、評価できると思うのです。

ただ、そっから立ち直るにあたって、手駒が少なかった。

有名人も若い時はグレていたというのは、観客の共感を呼ぶためのテクニックの一つで、溝口(と原作の吉川)も用いたわけですが、そこに後年の輝きの片鱗を示すということができなかった。

自分探しを乗り越えた挙句に信西を見習って勉強を始めたわけでもない。所領経営もめんどくさがる。そこに反映されていたのは、やっぱり脚本家自身の「べつにそこまで考えなくても~~w」という、モラトリアム性そのものではなかったか?

それを面白くないといった日本人は、まだまだ見どころがあるという、逆説的な効果を持ったのでした。


Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

映画評は、アップロードする以上は「下げる」ようなことは言わないことにしております。あらすじもあまり申し上げませんので、楽しみに御覧になってください。記事冒頭の色つき文字は映画中の台詞・挿入歌の歌詞からの引用です。

なお、取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・分割・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。