記事一覧

経験談はひとつのサンプルにすぎない。

なんとか細胞が200回できたのなら、その200回分のデータを公表すれば済むことだ。

やおい「少女」について語るなら、1回のイベントで何歳児が何人観察されたのか、公表すればよいことだ。

それについて、保護者は何と言っていたのか、アンケート結果を公表するのが本当だ。

できないならば、「少女たちは母親と折り合いが悪く、将来に絶望した」というような説明は、言った人自身の経験談か、憶測に過ぎない。

みずから研究サンプルとして名乗りを挙げたがごとき“エッセイ”が、昔はブログもなかったので、わざわざ印刷され、刊行されたわけだけれども、それがどれほど普遍性を持つものか、全女性にアンケートを取って確認することはできない。

医療分野なら、定期健診の結果を匿名で集計するようなこともできるかもしれないけども。

ボーイズラブ分野でできることは、評論そのものの読者が参照しやすいように、広く一般に公開された作品について、従来の手法で、作家の成育史や社会環境を勘案して、時代精神が表現されているなどと述べることと、自分自身の体験談を、あたかも全女性に共通の現象であるかのように詐称することだが、後者は本来、あんまり推奨されない。

さらに、考えておく必要があるのは、いわゆるステレオタイプ、他人からの引用、カテゴリにおける約束事を偏重し、ひらたく言うと「コピーのコピーのコピー」であるところの、生活実感をともなわない娯楽作品の論評に、精神分析的な視座をもちこんで良いのかどうかということだろう。

「コピーのコピーのコピーが歓迎される時代精神について」という論考にはなるかもしれないけども。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。