【男でないものは女であるわけではない。】

  05, 2014 12:00
  •  -
  •  -
「男児の胸を他人に見られるのがいやだから、海水パンツ型の水着を拒否する保護者がいる」という話題について、さるウェブ記者が「だからって男の子に女の子用の水着を着せるのはいかがなものか」と揶揄していた。ちょっと前の話だ。

たぶん、その人自身が女児用スク水を大好きだから、たまらず連想したのだろう……

誰も女児型を着せろとは言っていない。

皮膚が紫外線に弱い子もいる。現に、日焼け防止用ラッシュガード型の上着が学生協を通じて販売されている。

「胸を見られたくない」という保護者が危惧するのは、少年趣味の教員や、男児をからかう女児の存在だ。

もし本人が「はだかになるのは恥ずかしい」というなら、「男のくせになんだ!」と叱りつけるのは、男性差別だ。

トランスの可能性も考慮される必要がある。

ウェブは、その発明者の意志により、どのような情報も隠蔽されるべきではない場所とされている。

しかし、狭量な二項対立的発想にもとづいて、他人をからかい放題でも良いところではない。



Related Entries