記事一覧

【耽美を業界用語を使わずに語る試み。】

と、いうのを個人的にやってみている。

少々前に、地方新聞のひとつに竹宮恵子による漫画作品『風と木の詩』の紹介文が掲載された(ので懐かしかった)のをきっかけに……

当時は耽美と呼ばれた(後にボーイズラブ)、非常に特殊な創作分野に関して、わざと一般的な語彙を使用して語る試みである。

いかに官能的な要素を含む話題であろうとも、独特の隠語や、露悪的なオノマトペを使用した時点で、それに馴染んでいない読者を鼻白ませてしまう。反感を持たせてしまう。反感は、最終的には法規制を呼ぶだろう。

そういうことを避けようとする試みである。

さらに、ボーイズラブといえども、創作物の性質として、他の分野と共通する点も多いことを、わざわざ指摘する試みである。

他と似たようなことをしているのに、一部だけが強く非難される現象を危惧するものだからだ。

たとえば、ミステリー作家の多くは実際に事件を起こさない。読者は、犯人の真似をしてみることを、断じて推奨されていない。

女流が想像によって衆道を描くことも、「想像で書いた」「性暴力の実演を断じて推奨しない」点において、ミステリーと変わらない。

さらにまた、「優れたプロ作品には、時代精神が表現されているであろう」という前提のもとに、1970年代に市販された作品から「読み取ることができると思う」点を指摘し、書評の一種とするものである。

市販物は、誰でも後から内容を確認することができる。

その発行が新聞紙上に告知されなかった自費出版誌は、広く世間に流布することを望んでいない。その誌名をあげつらい、内容を転載することは必要あるまいと思う。

強く影響を与え合った分野として、いわゆる二次創作にも言及するが、その裏話を面白おかしく報告することを意図していない。

もし「当時の事情は、この人の自伝に書いてありますよ」という明確な情報をお持ちなら、ご自身のブログにて、読者の皆様の便宜のために書名を公開して差し上げて下さい。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。