【つり橋理論をゲイに問うときの正しい形。】

  22, 2015 16:48
  •  -
  •  -

「つり橋理論によって同性愛に目覚めることはあり得るか?」

これをゲイに問うことは失礼です。

つり橋理論というのは、ストレート男女なら互いに惹かれるのが当然という前提のもとに「危険を共有することが良いきっかけになる」と考えるものです。

ゲイであれば、危険を共有した男性に強い愛着を感じるのは当然です。レズビアンが女性に対したときも同様です。

ただし、相手も同性愛者である確率が(統計的に)低いので、カップルが成立する可能性も、ストレート同士に比べて低いというだけです。

つまり、質問するまでもありません。

この質問は、本来はストレートに向かって「相手の年齢も容姿も関係なく、危険を共有しただけで愛が芽生えるなら、性志向を乗り越えることもできそうか?」と問うものです。

つまり、ストレート男性に向かって「貴男もゲイになる?」と問うものです。

ということは、ゲイ男性へ向かって問えば「貴男はいつからゲイになったの?」という意味になります。

これは、彼らの生まれつきを否定する質問なので、失礼です。

もし女性が「きみはいつから女なの?」と問われれば、「失礼な。生まれた時から女です」と答えるだろうと思います。

「そうじゃなくて、いつ女を自覚したの? 生理が来たとき? 恋をしたとき? 初体験のとき? どんな感じだった? 気持ち良かった?」と訊かれれば?

プライバシーの侵害であり、セクハラであると訴えるだろうと思います。


【逆ナンパ。】

この質問の、ゲイに対する正しい形は「つり橋の上でなら、貴男も異性に恋することができそうか?」です。

これを発するのが女性であれば「私じゃどう?」と口説いている意味になります。

ゲイタウンとしては「相手のほしいストレート女性さんは、ホストクラブへ行ってください」ということができると思います。

実際に、ストレート男性を相手に「ねェ、つり橋理論って知ってる?」と言い出せば、女性のほうから「私をお化け屋敷へ連れてって」と誘っている意味になるはずです。


【ゲイは気安くありません。】

ストレート男性相手の会話は(女のほうから逆ナンパしていると思われると困るので)気を使うが、ゲイに対してだったら気を使わなくて良いから楽だわ、というのは勘違いです。

文化的背景の違う方とお話させて頂くのですから、異民族・他宗教の方を相手にしたときと同様に、失礼のないように緊張感を持つのが本当です。

ゲイは、彼ら同士の会話を楽しむためにゲイタウンへ来ているのであって、女性のための安上がりなホストではありません。

Related Entries