【二十五年後のコミケ。】

  27, 2015 10:17
  •  -
  •  -

高齢者の総人口に占める割合が過去最高だそうです。

それでもまだ四分の一くらいです。

いまの四十代が六十五歳以上に達する頃には、過半数を占めることになるでしょう。

去年生まれた赤ちゃんの人数は、これから発表されますが、百万人を割っている可能性もあります。

満期算には新暦で約九ヶ月を要します。すでに五月も終わろうとしていますから、今年生まれる赤ちゃんの人数は、昨年来発行された母子手帳の冊数と、ほぼ同じです。

報告を受けている政府・自治体は慄然としていることでしょう。彼らの危機感は並大抵ではありません。

コミケが急成長した1980年代は、若者の人数が多かったのです。「自分でなくても誰かが」と思うことができたのです。

当時フェミニズムを標榜した大人たちも「この若い子たちの中で誰かが」と思うことができたのです。

これからの人は、キャラクターを借り物で済ませることはできても、それを読んでくれる顧客そのものを、自分で生み出さねばなりません。

そうでないなら、外国語の勉強を始めましょう。

フランス人は独立します。日本人顧客が激減した後を埋めてくれるのは、至近にあるロシア、韓国、中国、東南アジア方面からのお客様です。

同人というのは最先端の国際センスを持った人々として見直される可能性もあります。

もっとも、出展するほうの留学生も増えるかもしれません。日本人出展者は万国博覧会の1ブースに過ぎないみたいなことになるかもしれません。

いちばん気をつけなければならないのは、開催地を海の向こうへ持っていかれることでしょう。政府・自治体との協力が必要です。



Related Entries