記事一覧

【犬派と猫派の二次創作。】


アウトドアスポーツ好きで陽気な男性を「犬派」、読書や書きものの好きそうな内向的な男性を「猫派」と呼び、いずれも目鼻立ちの整った美青年として並べて描いたイラストが、まさにインターネットに流されたことがあったのでした。

見た人の多くが「自分自身はどちらに属するか」を自己申告しました。何割かの人が「交際するならどちらの男性が好ましいか」を自己申告しました。

いずれも、イラストを描いた人(またはネットへ流した人)自身は、そのような回答を強制していません。

類型の標本を見せられた人の多くが、そのような「問い」として理解するように、いわば躾られているのです。不思議といえば不思議なものです。

中に一人だけ「この二人を組み合わせるのが腐女子」と解説した人がありました。ご本人は、うまいこと言ったつもりだったのでしょう。

でもこれは、読んだ人をして「あッ、そういうことだったのか! うわァ、面白そう!」と気づかせてしまう効果があると思われます。

腐女子とは、端的には1980~90年代に使われた「やおい」という言葉の言いかえで、今でいう「二次創作BL」を手がけるコミケ派同人のことです。

それを快く思わない人が、皮肉を言ってやったつもりで、敵を増やしてしまった(可能性がある)というわけです。

敵を研究しすぎて、同じ発想法を身につけてしまう。

ときどき起こることです。

ラディカルフェミニズムが、男性中心社会を批判してやるつもりで、単なる女性中心主義というパロディのようなものになってしまい、ゲイに揚げ足を取られて慌てるのと似ています。

かつて「やおい」という現象については、それを「新世代による男性中心社会への皮肉」と解説した女性もあったようですが、むしろ「男性中心社会を批判してきたフェミニズムの戯画化」として、反省材料とすべきであったのかもしれません。




Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。