【この国は総力戦を闘ったのです。】

  30, 2015 09:17
  •  -
  •  -

全国津々浦々の農村・漁村が若者の命をさし出したのです。

勲八等・功七級なんて、たいしたことのないものでしょう。でも地元では英雄です。今も巨大な石碑が地域住民を見守り、地域住民によって守られています。

女性も看護要員として船に乗っていった人々がいました。

でも彼(女)ら自身の多くは、子孫を残さずになくなりました。

大都市では空襲によって多くの一般人が犠牲となりました。その中には未婚者・未成年者も大勢いたはずです。

生き残った人々の子孫である現代人の足元は、七十年前の少年少女の血に浸かっています。

その点で、中央も地方も、都会も田舎も同じです。日本人どうしが差別することは許されません。

まずはこの覚悟がないから、外国人差別もなくならないのかもしれません。

Related Entries