記事一覧

【二人目が生まれて育児休暇を取ると。】


上の子が保育園から放り出されるそうです。

もちろん保育園の人が悪いわけではなく、制度がそうなってるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんと、回復しきらない母体では、上の子を公園やプールへ連れて行ってやることもできませんから、上の子はテレビ漬け・ゲーム漬けになりやすいものです。

集団保育・異年齢交流によって逞しい子を育てましょうとか言っといて、このざまです。

「親が自分でみればいいでしょ」という発想が、数十年前から全く克服されていないわけです。

少子化対策はもうダメだ感満載です。

現状で、20~39歳の約2500万人から、約100万人しか生まれておりませんが、経験的に、この100万人は初産の母親による一人っ子ではありません。

すでに上の子を持っている家庭の二人目・三人目です。

二人目・三人目を産むことを決意できた世代の時代が過ぎれば、それ以降の世代があらためて初産に挑戦する確率は、かなり低くなります。

一例として、リーマンショックの2008年に22歳で、2009年度の新卒者として正規雇用が内定するはずだった人は、いま29歳ですが、その後にも正規採用を得ていなければ、結婚自体を考えていないでしょう。

今年度内に生まれる児は、すでにお腹にいる児ですが、おそらく100万人を割っています。

来年の6月に、正確な人数が発表されますが、その頃には、もうその年度内に生まれる赤ちゃんのほとんどが、すでにお腹にいます。

満期算には約9ヶ月を要するので、「来年の4月1日までに生まれる児」は、おおむね、その年の上半期に受精した命なのです。

おおむねというのは、早産の可能性があるからですが、これは少ないことが望ましいのは勿論です。

ここんとこ、景気が少し回復したと言われています。新卒者の就職率が良くなったらしいです。

今年新卒採用された青年男女が、約十年後に結婚してくれるかどうか(最低でもシングルマザーとして産んでくれるかどうか)が鍵になります。

あと十年以内に、旧態依然とした育休制度と意識を変革できなければ、日本民族は百年以内に絶滅ラインを割るでしょう。



Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。