【親から独立したければ。】

  18, 2015 10:32
  •  -
  •  -

看護の勉強をして、寮に入るといいです。

そうではないなら、ひきつづきお母さんにご飯を作ってもらい、アイロンを掛けてもらいたいということです。

でも、お母さんはあなたの奴隷ではありません。

もし、お母さんの人生が悲惨なものに見えるなら、あなた自身がお母さんをこき使っているからです。

もし「母親が愛する家族のためにがんばるのは当たり前」と思っているなら、愛の名のもとに女性を利用しているのは、あなた自身です。

なお、男性同士が養子を取って、本物のパパ・ママになることを妨害しているのは、「形だけ真似するな」というストレート社会自身です。

女性の不遇をかこつタイプの「フェミニズム」が、棚上げ感に満ちているのは否めません。

少なくとも、女性がBLを選択すれば、責任のがれができるかのような言説は不適切です。無思慮な模倣者を生むだけです。

「真似する男がいると困るから、あれを描くな、これを描くな」というのであれば、女性(の一部)も創作物の選択を他人のせいにするべきではありません。


Related Entries